img.kawaii

1.良いドッグフードをワンちゃんのために

1-1.ドッグフードの価格は一つの目安

どのドッグフードがワンちゃんのためになるのか?ということはなかなか分かりにくいところがあります。そのため、飼い主の方では価格が「高い物が良い」と思っている方も多いでしょうたしかに傾向としてワンちゃんは、値段が高い餌の方が喜ぶ傾向にあります。しかし、だからといって、必ずしもワンちゃんにとって高い餌が健康によい、とは限りません。

 

特に餌の与え過ぎは、肥満など様々なワンちゃんの生活習慣病の原因になってしまいますので、この点は飼い主の方が餌の与える量を管理することがポイントです。また、高い餌とドライドックフードの併用は、ドライフードを食べなくなってしまう、という食いつき悪くなるというデメリットもございますので要注意です。ある程度、経済的なことも考えて、どの程度、ワンちゃんに継続して餌を与え続けられることができるのか、ということを考えて選ぶようにしてください。

 

時には贅沢も大切

ワンちゃんにとって「食べること」は飼い主の方と過ごす大切なスキンシップの時間でもあり、喜びです。いつも同じ餌ばかりですと、人間でもそうですが、食べる喜びを失ってしまいます。そのため、時には多少値段がする、高い餌を与える、ということも一つの方法です。

 

毎日、習慣になってしまうと、餌を選ぶ傾向が強くなってしまいますが、時々であれば、そのような弊害はあまり考えなくて良いでしょう。時々、ワンちゃんが喜ぶような、缶詰のタイプの餌などを与えることは、ワンちゃんにとっては大きな楽しみとなるはずです。

 

また、飼い主の方へのなつき方も強くなるでしょうし、信頼関係の強化にもあります。ただ、喜びすぎるからといって、与え過ぎるのは要注意です。このあたりは、しっかりと飼い主の方が管理して、どの程度与えて良いのか、ということをしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

 

餌の与え方はバランス重視で

日々のワンちゃんへの餌の与え方は基本的にバランス重視が良いでしょう。現在は様々な栄養素がミックスされた餌も登場していますので、それを与えておくのがスタンダードです。ただし、ワンちゃんによっては餌が合わないこともありますので、この点は飼い主の方が食いつきなどをチェックして、どのようなジャンルの餌が良いのか、確認することが大切です。

 

特に、食いつきが悪くなってきた時には餌に原因があることがあるため、思い切って餌を替える、ということもポイントです。新しい餌に馴染まない時には、昔食べていた餌と混ぜて与える、など工夫をすれば食べてくれるでしょう。(【参考記事】 → 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

また、餌を与えても体調が悪いままですと、病気の可能性もありますので、早めに獣医さんに相談してください。特に下痢や便秘など、明らかな症状が見られる時には餌の原因以外の理由も十分に考えられますので、この点は十分に普段からワンちゃんの状態を注意してチェックされるようにしておいてください。

 

 

【続けて読みたい関連記事】 → 愛犬におすすめのドッグフードの選び方はどうすればいい?

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。