1. ビーグルにとって良いドッグフードって何が基準になるの?ドッグフードを選ぶときのポイントは?

1ー1. ビーグルの特徴と体の弱い部分

ビーグルは、愛嬌のある表情や姿がとても魅力的で大人気の犬種です。ビーグルがスヌーピーのモデルになっているというのは有名なお話ですよね。

基本的には丈夫な犬種ですが、太りやすい体質と軟骨が他の犬種に比べて弱いという点から、肥満による関節のトラブル・椎間板ヘルニアなどの病気にならないよう気をつけてあげなければいけません。

1-2. ドッグフードを選ぶときのポイントは?

ドッグフードを選ぶときは、ビーグルの関節をサポートしてくれる「グルコサミン」や「コンドロイチン」が配合されているものを選んであげると良いでしょう。

ビーグルに良いドッグフードの中から、とくにおすすめのドッグフードをご紹介します。

【CANAGAN カナガン】【nelsons ネルソンズ】どちらも、犬にとってアレルギー(消化器官の異常や皮膚のトラブルなど)を引き起こす原因になると考えられている穀物を使わない「グレインフリー(穀物不使用)」・「ヒューマングレード(人が食べても問題ないグレードのドッグフードという意味)」にこだわったイギリス最高級のドッグフードです。

【CANAGAN カナガン】

グレインフリーにすることで消化吸収がアップ。良質な動物性タンパク質が豊富で、野菜や海藻・ハーブも配合されています。
原材料には関節主成分のグルコサミンとコンドロイチンや、食物繊維が豊富で血糖値の上昇が緩やかなサツマイモが含まれています。
食いつきが良いと評価が高いドッグフードです。従来のドッグフードよりも与える量は少なく、便の量も少なくなります。食べやすい小粒タイプです。

「カナガン公式通販サイト(https://www.canagandogfood.co.jp/)で購入できます。

【参考記事】→評判のドッグフード「カナガン」。何故これ程おすすめされるのか?

 

【nelsons ネルソンズ】

関節をサポートしてくれるグルコサミン・コンドロイチンや腸内環境を整えてくれるオリゴ糖が配合されています。

サーモンオイルや海藻が美しい毛並みを作ってくれます。日本向けに小粒タイプもラインナップされました。ブリーダーならではのこだわりから開発されたおすすめのドッグフードです。

ネルソンズペットフード社創業者のマイク氏と奥様はビーグルのブリーダーとしても有名です。自宅で飼い始めたビーグルのために最高のフードの開発を決意されたことから始まり、ネルソンズペットフード社は現在ペット用品全般を扱うまでに成長しています。

「nelsons公式サイト(https://www.nelsonsdogfood.jp/cart)」で購入できます。

 

1-3. おわりに

ドッグフード選びでは、高品質・安全であることはもちろんですが、愛犬の健康維持を最大限にサポートしてくれる効果が期待できるかどうかということが大事なポイントになります。ビーグルは、とにかく好奇心旺盛で活発な犬種です。一緒に運動したり遊んであげる時間を作ってあげて、運動要求を満たしてあげることも忘れないでくださいね。愛犬が健やかな毎日を送ることは、私たち飼い主の願いです。愛情いっぱいの素敵な毎日をお過ごしください。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。