1.体重管理するためのドッグフード

1-1.体重管理をするドッグフードの選び方

愛犬の体重は常にチェックされていますか?動物病院に行った時には体重のチェックをしますが、普段はなかなか体重を計らないのではないでしょうか?
1キロも2キロも太れば飼い主さんも気が付くかもしれませんが、0.3キロ、0.5キロ位の増減はあまり気が付かないと思います。ですが、体重が1キロから5キロほどの小型犬にとって0.5キロの増量というのはかなり大きな増量なのです。これは5キロの犬にとっても10%の増量です。60キロの人間が6キロ増えたのと変わらないのです。
当然、少し増えていてもその時の消化のされていないフードや水分の影響も考えられる誤差もあります。ですから小型犬は特に定期的に体重をチェックしてあげましょう。
もし大きく体重が増えてしまったらこれはダイエットをする必要が出てきます。
その場合は、体重管理用やダイエット用などと記載されたドッグフードを選ぶことが望まれます。体重管理用やダイエット用などのドッグフードは低カロリーの食材が用いられ犬の食欲を満たすために穀物などで嵩増しをしているものが多く、食べ応えも十分にあります。それでいて通常のドッグフードよりもカロリーが低いので自然とダイエットが出来ます。これはダイエット期間だけのドッグフードとする事がいいです。本来、犬にとって生肉が多く配合されたドッグフードが健康のためにはいいからです。ダイエットが達成出来たら、穀物が少なく質のいいドッグフードに戻してあげるのがベストです。
もし、少量の増量を減らしたいだけであるならば、しばらくは今与えているドッグフードを1さじ分ほど減らすだけで効果があります。

1-2.ドッグフード以外に気をつける事

一番見落としがちなのが、オヤツと運動量です。ドッグフードだけ変えても運動量も少なくオヤツも与えてしまう場合はあまり良くありません。病気ではなく元気なこの場合は積極的にお散歩の時間を増やしてあげる事も健康的なダイエットになります。
そしてオヤツです。今、肥満になっているという事は今までオヤツを与えていたと思います。オヤツの全くない生活になれていない子にオヤツがないのは可哀想でありストレスにもなってしまうかもしれません。その場合は、ヘルシーオヤツや茹でたササミをオヤツとして少量与え、必ずオヤツを与えた後のご飯は少なめにしてあげて下さいね。

1-3.まとめ

犬は本能で生きているために美味しい食事があればあるだけ食べてしまいます。太るから食べないという選択は出来ないのです。ですから飼い主さんが食事量や運動量に気をつけてあげて下さいね。

【参考記事】

肥満犬のダイエットにおすすめのドッグフードの選びで大切なことは?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。