komaruinu

1.犬の尿路結石について

わんちゃんに多い病気のひとつに「尿路結石」があります。この病気のメカニズムは人間と同じで、腎臓で作られた尿が排出される「尿路」と呼ばれている通路が、「結石」という石のような塊でふさがれてしまうことを言います。この尿路結石、悪化すると「尿毒症」を引き起こし、最悪の場合は死に至るというケースも・・・
結石ができる原因を取り除くため、獣医師と相談の上、専用のドッグフードヲ食べさせるようにしましょう。また、水分補給も大切ですから、常に新鮮なお水を用意してあげるようにしましょう。

1-1.尿路結石のわんちゃんには獣医師と相談の上、正しい食事療法を

尿路結石という病気になってしまうと、具体的にどんな症状が見られるのかを挙げてみますので、是非参考になさってください。まず、尿に血が混じることが多いです。ペットシーツに赤い排尿みられた!ということでこの病気に気が付くケースが少なくありません。また、尿が出にくかったり頻尿になりやすいという特徴もあります。トイレの失敗が増えたり、おしっこに時間がかかるような仕草が見られたら、この病気の可能性があります。

 

結石が出来る原因としては、大きく分けて二つ考えられます。まずひとつは、「お肉の食べすぎ」です。犬は本来肉食の生き物ですから、もともとの食性として肉を食べること自体は間違いではないのですが、生食(ローフード)の与えすぎには気をつけましょう。肉を食べすぎることで体が酸性に傾くと、膀胱などに塊が出来やすくなってしまうのです。

 

また、もうひとつは「細菌感染によるもの」です。いわゆる「膀胱炎」が尿路結石の引き金になるとも考えられています。こうした場合、それぞれに専用のドッグフードがありますから、かかりつけの獣医師さんと相談の上、必要なフードを食べさせるようにしてください。体重によって食事の量が決まりますから、治療期間中は出来るだけおやつは控えるようにしましょう。そして、適度な水分補給を忘れないことも大切です。

 

1-2.まとめ・・・

尿路感染になってしまった場合、食事療法が治療のカギとなることが分かりました。この際、決して自己判断で食事療法を始めてしまわないように気をつけてください。必ずかかりつけの獣医師さんの指示を仰ぐようにしましょう。
毎日の良質な食事は、愛犬の健康を守り、維持するための秘訣でもあります。普段食べさせているドッグフードの成分表をきちんと確認し、不明瞭な記載があったり保存料や添加物が多く含まれているドッグフードは出来るだけ避けるようにこころがけましょう。保存料の中には、食べさせ続けることで腎臓やその他様々な内臓器官に悪影響を及ぼす可能性の高い成分が多々あります。

 

安心、安全であり、高品質なドッグフードを正しく選択し、食べさせてあげるようにしてください。愛犬の健康を守るのは、飼い主さんの責任であり、義務なのです。意識を高く持ち、しっかり管理してあげるようにしましょう。

 

【関連記事】

結石にならないごはん選びで気を付けるべきは?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。