1、犬に炭水化物は不要なのか

1−1、犬に炭水化物は控えめに・・・安全性の高いドッグフードで管理を

人間と共に生活してきた長い歴史がある犬。餌は人間が食べたご飯の残りを与えるのがごく一般的だった時代もありますが、1960年代にドッグフードが登場してからは犬の健康管理や食事の安全性などが重要視されてきており、穀物や炭水化物を摂りすぎることは犬にとってあまりよくないと考えられるようになってきました。実際はどうなのでしょうか。

犬は本来、オオカミを祖先とした肉食の生き物ですが、人間と共存してきた歴史の中で、肉食動物としての本来の食性を残しつつ、人間が主食とする炭水化物にも対応できる体に変化してきています。ですから、多少の炭水化物はあまり問題ないとも言えるかもしれません。とはいえ、穀類や炭水化物に含まれるでんぷんは犬の消化過程を遅らせ、胃や大腸への負担に繋がることに変わりはありませんので、炭水化物や穀物の過度な摂取は不要だと考えて良いでしょう。

犬の食事の安全性や品質を重要視するのであれば、海外製のドッグフードをおすすめします。海外は日本と違って犬や猫などのペットフードに対する意識が非常に高く、品質管理も徹底された安全性の高い製品が多いのです。実際に愛犬に食べさせたというユーザーさんの多くがこうした海外製ドッグフードを愛用するようになっていますし、毛並みが良くなった、涙やけが改善したなどの声も多く聞かれています。

犬を始めとする動物は言葉を話しませんので、いったい何を好んでいるのか、何が悪影響を与えるのかといったところを100パーセント理解するのは難しいかもしれません。健康管理を徹底したいのなら、まずは基本的な知識を身につけ、食事の面からのサポートに力を入れることが重要なのです。そして、愛犬とのスキンシップを丁寧に重ね、その子の個性や特徴をしっかり把握することも大切なポイントだと言えるでしょう。

1−2、まとめ・・・

犬は人間と共に過ごしてきた長い歴史の中で、人間の食生活に少しずつ合わせられる体に変化してきました。本来オオカミを祖先に持つ肉食の生き物である犬ですが、本来の食性を残しつつも、人間が普段主食としている炭水化物や穀物にも多少は適応することが出来るようになってきています。とは言いましても、与えすぎはやはり禁物。穀類や炭水化物に含まれる「でんぷん」が犬の消化過程を遅らせ、胃や腸に負担を与えることに変わりはありません。日常的にこうしたものを与えることは出来るだけ避けるようにし、食事は信頼性、安全性の高いドッグフードを与えるようにしましょう。海外製のドッグフードは安心、安全で品質も良く、管理も徹底されているため非常におすすめです。多くのユーザーさんが満足されているようですよ。
日ごろから愛犬とのスキンシップを丁寧に重ね、その子の特徴、個性をしっかり把握した上で最適な食事を与えるようにしましょう。最低限の知識を頭に入れておくことも大切なポイントですよ。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。