1.トイプードルに何を食べさせた方が良いか?

 

1-1.ドッグフードは犬によって異なる

ドッグフードと言っても、現在ではかなり多くのものがあるでしょう。犬種によってもかなり多くのドッグフードがあります。ですから、どのドッグフードを食べさせた方が良いかわからないという人がいますが、基本的にその犬が問題ないドッグフードを与えるようにしてください。特に犬でも好き嫌いがありますので、それを考えて与えるようにしましょう。

1-2.トイプードルに良いドッグフードの選び方

トイプードルに適したドッグフードの選び方ですが、様々なことを考えて選ぶようにしましょう。そもそもドッグフードの場合、犬種によってこれが良いというドッグフードが幾つかありますので、まずはそれで選ぶようにしましょう。犬種の合わないドッグフードは基本的には良くないので注意です。
次に、犬の年齢について考えてください。子犬なら子犬用、成犬なら成犬用といったドッグフードがありますので、年齢に応じて選ぶようにしてください。ちなみに、老犬や成長過程でどのドッグフード与えた方が良いかはその犬によって異なりますので注意です。
そして、犬の状態をみましょう。アレルギー、病気などがある場合はそれに対応したドッグフードを選択して、何かしらの栄養が不足していないならそちら栄養を補うことが出来るものを与えていくようにしてください。ただし、この場合状態によって変化するため複数のドッグフードを用意する必要が出てくることがありますので注意しましょう。そうしないと必要な分あるのに、そのまま余分に獲得していくことになることがありますので注意です。ですから、必ず正常な時のドッグフードを用意しましょう。

1-3.トイプードルの好みを知る

上記のように犬として考えてドッグフードを選ぶことは重要ですが、他にも犬自身の好みについて考えてドッグフードを選ぶと良いです。犬も好みがあり、これは好き、これはあまり食べたくないなどのことがありますので、それを見極めて与えるようにしましょう。そうすればドッグフードをしっかりと食べてくれます。ただし、注意して欲しいのがわがままな犬にしないようにしつけをすることです。食べなければ新しいドッグフードをくれるといったことを考えさせてはいけないので注意です。ですから、あくまでも考え過ぎないようにしてください。
好みによってはかなり栄養が偏ることがあります。その場合はそればかりを与えるのではなく、バランスよくドッグフードを与えるようにしましょう。偏りは場合によっては犬自体の身体に負担を与えますので注意です。それを避けるためにも適切なドッグフードを与えるようにしましょう。
ちなみに、飼い主がご飯を作るという方法もあります。これをすれば、何かと安心して与えることが出来ますし、対処もすることが出来ます。場合によってはトイプードルに合わせた味にすることができるのでうまく手作りをしてあげましょう。もちろん、強制ではないのでよく考えて使っていってください。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。