1.トイプードルの毛艶・毛並みに良いドッグフードってどんなもの?

トイプードルにとって毛艶・毛並みはとっても重要なものですよね。あのふわふわとカールした毛がパサパサしてきたりカールが弱くなってきたら要注意です。

1-1.まずはトイプードルの毛がパサパサになるのはなんででしょうか?

それは下記のような理由が挙げられています。

  • 適度なトリミング・シャンプー・ブラッシングの過不足
  • 去勢・避妊によるホルモンバランスの崩れ
  • ドッグフードの質

などなど、トイプードルの毛艶・毛並みを少しでも良くするように出来る事からしてあげたいですね。

1-2.改善策

適度なトリミング・シャンプー・ブラッシングの過不足

愛犬家の方は勿論トイプードルのためにトリミングには定期的に行かれていると思います。
1ヶ月から2か月には一度必ずトリミングに行き、自宅でシャンプーをするときは石鹸をよく洗い落として、毛をきちんと乾かすようにしましょう。そしてあの可愛らしいトイプードルのふわふわな毛が絡まないようにブラッシングは毎日行うといいですね。ブラッシングの時は皮膚に傷がつかないように気を付けてあげましょう。

去勢・避妊によるホルモンバランスの崩れ

去勢・避妊というのは交配させる予定が無ければした方がいいと言われていますが、健康な体にメスを入れる事に躊躇される飼い主さんもいらっしゃると思います。去勢・避妊手術をされたてホルモンバランスが少し崩れてきたのかもと思った方はドッグフードでトイプードルの毛艶・毛並みの調整をしていきましょう。

ドッグフードの質

今まで食べていたドッグフードを変えただけで毛艶や毛並みがパサパサに変わってしまったという事があります。反対にドッグフードを変えただけで今までよりも毛艶や毛並みが良くなったという事もあるのです。

今はドッグフードも何十種類も販売されています。年齢に合わせたドッグフード、トイプードル専用のドッグフード、何が一番いいのか分からずに、パッケージの見た目で決めたり値段で決めたり、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

犬の皮膚や被毛はタンパク質と脂質からできています。特に脂質のなかの必須脂肪酸は体内で作ることが出来ないのですが皮膚や被毛の健康に特化しています。
以下にトイプードルの毛並み・毛艶にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

毛並み・毛艶にあまり良くないドッグフード

  • 肉類のタンパク質がほとんどはいっていない(チキン・ビーフ・ラムなど)
  • 植物性タンパク質が主となっている(トウモロコシやコーングルテンミールなど)
  • 動物性脂質としか書いていないものは避ける(何の動物かさえわかりません)

毛艶・毛並みにいいドッグフード

  • 肉などのたんぱく質が多いもの(チキン・ビーフ・ラムなど)
  • 脂質も動物性だけではなく植物性や魚類など複数入っているバランスのいいもの。(ビーフオイル・チキンオイル・サーモンオイルや亜麻仁油、ひまわり油など何の油か明記は必須)
  • 体で作ることが出来ない必須脂肪酸が強化されているもの。

これらの条件を満たしているドッグフードがトイプードルの毛並み・毛質をよくするドッグフードです。

1-3.まとめ

ドッグフード売り場ではパッケージの見た目や値段だけではなく、必ず原材料名を確認して愛犬であるトイプードルのために毛艶・毛並みのいいドッグフードを選んであげてくださいね。

 

【合わせて読みたい関連記事】 → 毛並み・涙やけに影響!?トイプードルがごはんを食べない時は?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。