1、子犬の食が細い場合の対策

1-1、子犬の食事にちょっとした工夫を

子犬を飼っていると様々な疑問や悩み事が生まれると思います。動物は言葉を喋りませんし、小さな子犬という存在はちょっとしたことで不安にさせられるものではないでしょうか。中でも、子犬の「食欲のムラ」は、飼育初心者にとって心がざわつく大きなポイントだと思います。
しかし、そのほとんどの場合が心配ありません。子犬はどうしても体が小さいので、犬種を問わず食が細いものなのです。体と比例して胃も小さくなっていますから、一度にたくさんの量を食べることが出来ません。それでも心配な場合、飼い主さんが工夫することで小量でも十分な栄養補給をすることが出来ます。少し具体例として挙げてみましょう。

例えば、高カロリーのフードにしてみるというのもひとつの方法です。子犬用の高カロリードッグフードなどを上手に活用することで、食欲にムラがあったり小量しか口にしない子でもしっかり栄養補給することが出来るでしょう。
また、サプリメントを併用したり、水の代わりに栄養スープやミルクを与えてみるということも良いとされます。ちなみに、食事をしっかり食べるように促したい場合、おやつは出来るだけ与えないようにしてください。おやつの味を覚えてしまうとますます食事を食べない傾向が強まる可能性がありますので、おやつはしつけの一環として、決められたルールをクリアできたときのみご褒美としてあげるようにしてはどうでしょうか。

このように、飼い主さんが上手に工夫すれば、子犬の食事量が少なくてもさほど心配はありません。ご自分の愛犬の特徴や性格を考慮しながら、最適な方法を見つけるようにしてみてくださいね。

1-2、まとめ・・・

子犬の食事量が少ない、食欲にムラがある・・・そんなお悩みをお持ちの飼い主さんは少なくありません。特に飼育経験のない初心者の場合、そうした姿を見るとどうしても不安になってしまいますよね。
ですが、子犬は胃も小さくなっている為、犬種を問わず一度にたくさんの量を食べることが出来ないものなのです。ですから、一度の食事量が少なくてもさほど心配する必要はありません。
また、ちょっとした工夫をすることで少ない食事量でも十分な栄養を確保することが出来ます。例えば、子犬用の高カロリードッグフードを与えるというのもよいでしょう。サプリメントを併用したり、水の代わりに栄養スープやミルクを与えるようにする方法もあります。
ただ、おやつの与えすぎには注意してください。おやつの味を覚えてしまうとそればかりをほしがり、余計に食事を摂らないようになってしまう可能性もあります。おやつを与えるのはしつけの一環として、ご褒美としてのみあげるように心がけましょう。
このように、飼い主さんの工夫次第で少ない食事からしっかり必要な栄養を補給することが出来ますから、ご自分の愛犬にとって最適な方法を見つけてみてください。あまり悩みすぎることはありませんよ。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。