1.ドッグフードを入れる食器の洗いについて頻度やどう洗うべきか

1-1.ドッグフードを入れる食器の洗いについての簡単な説明

ドッグフードを入れる食器ですが、人間で言う皿などの食器です。これを洗う必要があるかという話ですが、簡単な話し同じ食器を使い続けることが出来るかという点です。何かしらの食べ物を置いた食器を洗わずに使い続けることが出来るかを考えるとそれは大体の人が「NO」と答えることでしょう。まあ、たまに「YES」と答える人も居ますが、多くの人は違います。
同じ食器を使うにしても綺麗な状態の方が良いです。いくら同じ食べ物を置いたとしても食べ物のクズは腐りますのでそのまま使っていると前の料理の汚れが腐りよくありません。ですから、ドッグフードを入れる食器の洗いについては洗うというのが正しいやり方です。

1-2.ドッグフードを入れる食器はどのような頻度で洗えば良いか

ドッグフードも食べ物であり、食器に汚れを残すものですのである程度頻繁に洗うことをおすすめします。完璧に洗わなくても少なくともドッグフードの残りカスなどは落としておいた方が衛生上良いです。しかし、ある程度日にちが経ったら洗うことを強くおすすめします。
実際汚れについたドッグフードを食べてしまい、状態が悪くなるということは結構あります。特に保存状態が難しいドッグフード、生関係のドッグフードは使ったら洗っておくことを強くおすすめします。生物は傷むとかなり良くありませんし、食中毒になることもありますのでそれを避けるためにも綺麗にしておくようにしましょう。

1-3.ドッグフードを入れる食器の洗い方

ドッグフードを入れる食器の洗い方は、人間の食器と同じく、食器用洗剤などを使って汚れを落とし、水でよくすすいで洗剤を落とすという方法が一般的です。
ただし、洗剤は人間用のものだと刺激が強い恐れがあるので、犬専用の食器洗剤を使えば、より安心して汚れを落とすことができます。
なるべく化学製品を使いたくないという人は、クエン酸を混ぜた水などを霧吹きなどで吹き付けることで、洗剤で洗ったときのように汚れを落とせるそうなので、一度試してみてはいかがでしょうか。
いずれの方法にしても、犬の食器もきちんと洗わないと、細菌が入り込むリスクが高まります。人間のように犬もおなかを壊してしまう可能性が十分にありえるので、犬の健康を気遣うためにも、ドッグフードを入れる食器は常に清潔な状態を保つようにしましょう。

1-4.まとめ

人間もそうであるように、犬の身の回りも清潔な状態を保つことが大切です。食器の汚れも放置しておくとどんどん強くなり、細菌が繁殖する量も増加していくので、こまめに洗って清潔な状態を保つようにしましょう。
食器洗いの方法は色々有りますが、どの方法でも食器を洗わずにそのままにするよりも、はるかに犬にとっては良いことなのは間違いありません。自分たちの食器と同じ用に丁寧に食器を洗ってあげれば、犬も安心して食事が出来るようになります。
犬の身体は丈夫そうに見えて想像以上に繊細で、毎日きちんと気遣ってあげないと、病気にかかってしまうこともありえます。常に健康な状態を保つためにも、食器洗いなどの身の回りの世話は、毎日欠かさずしてあげるようにしてください。

【関連ページ】

小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。