1.ドッグフードにふりかけは必要?

ペットショップやホームセンターのペットフードコーナーでは犬用の「ふりかけ」も種類多く販売されています。ドッグフードにふりかけは必要なのでしょうか?

1-1.ドッグフードとふりかけの関係

本来の総合栄養食であるドライフードだけで栄養はまかなえます。ドライフードだけで食いつきがいい場合にはふりかけやトッピングなどは全く必要ありません。
もし、愛犬の食いつきが悪くなった場合など香りづけや食欲をそそるために少量与える分には問題はありません。ただ与える際には注意が必要です。注意してあげないとあっという間に肥満になり、ふりかけやトッピングなしではドッグフードを食べなくなってしまいます。

1-2.ふりかけやトッピングの与え方と注意点

ふりかけやトッピングは犬の食いつきが良くなるように、添加物などの使用によって犬にとって「美味しく」出来ています。そして分類は副菜であり、食事ではありませんので栄養に偏りがあります。普段の給餌量にトッピングをしてあげていては、あっという間にカロリーオーバーになってしまいます。ふりかけやトッピングをする場合には必ずふりかけなどのパッケージに掛かれた適量以下の分量にし、普段のドッグフードの量も減らす必要があります。
そして毎日毎日ふりかけやトッピングを与えていると、犬は「ドライフードとふりかけ(トッピング)」を食事だと思いますのでドライフードだけでは食べなくなってしまいます。犬は非常に頭のいい動物で一度食べたものやシチュエーションを忘れません。ごはんを食べなければ美味しいもの(ふりかけやトッピング)が貰えると覚えてしまうのです。ですから、注意が必要です。ふりかけやトッピングの表示には犬が食べてもいい最大量が掛かれているのですが、それらは意外と多いのです。与えてもいい量ではなくまずは少量から与えてみましょう。
病気や老犬のために愛犬の食が細くなった等の場合には食事を何より食べて欲しいものです。初めて与える場合はほんの少し掛けるだけで大丈夫です。犬は嗅覚が人間よりも非常に優れています。ほんの少し掛けただけでも犬には今までとは違う匂いが分かるはずです。

1-3.まとめ

普通にドッグフードを食べる愛犬には、ふりかけやトッピングは必要ありません。ご褒美感覚であげてみようかと思って1度あげたらこれから先毎日あげる必要が出てきてしまいます。ただ、病気や年のために食いつきが悪くなってきた愛犬に与える場合には少量にしてあげましょう。

 

【関連記事】

犬の体質を考えたドッグフード選びで大切なことは?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。