utuwa

1.小犬にとって消化しづらいものは避ける

1-1.消化について

動物が消化できるものは限られています。お腹に入れても消化されないもの、あるいはされにくいものというのが食べ物でも結構多くあります。ですから、何でもいいからお腹に入れれば良いというわけではないです。特に、生物によって消化しにくいというのがありますのでそれを理解して食べ物を食べていく必要があります。

1-2.小型犬の餌で消化しにくいものを理解する

小型犬の餌ですが、何でも良いというわけではないです。特に犬という動物にとって消化しづらいものが人間の食べ物にもありますので注意しましょう。例えば穀物があります。人間の場合はこれを吸収出来ますが、犬は元々のオオカミなどは消化できません。しかし、犬になったことにより少しだけ消化は出来ます。しかし、あまりおすすめされていないものですのでよく考えて与えるようにしてください。ちなみに、ドッグフードによっては少量入っていることがありますので注意です。

 

他にもトウモロコシ、こんにゃくなどのようなものもあまり良くないとされています。と言っても、これらを入れているドッグフードは少なくまあそこまで気にしなくても良いかもしれません。あとは、消化されないものというよりも犬にとって毒になるようなものもあります。代表的なものとしてはチョコレートやネギ類、アボカドなどがあります。これらは正直なところおすすめされないものでしょう。

1-3.ドッグフードを選ぶ

犬にとって良くないものが入っているドッグフードというのがそれなりにあります。もちろん問題ない場合もあるのですが、本当に良くないドッグフードと言うのがありますので、そのようなドッグフードを小型犬の餌にしないようにしてください。ですから、ドッグフードを選ぶ場合は原材料などを確認して問題ないかをしっかりと確認するようにしてください。

 

ドッグフードの食べ方によっても消化の仕方が変わることがありますのでドッグフードを選ぶ場合はよく考えて与えるようにしてください。例えば、比較的少量ずつ与える、あるいは小粒で上げていくといったやり方をすることで消化の助けになることがあります。他にも柔らかくするならのやり方があります。ただし、その分ドッグフードの本来の栄養が無くなる場合もありますので注意しましょう。

 

ともかくドッグフードを食べてもらって問題ないものを与えるようにしてください。犬によっては病気、アレルギーなどで問題のものを食べさせるようにしましょう。これがしっかりと出来無いと良い飼い主ではないのでドッグフードの選択について考えてください。

 

ちなみに、どうしても消化がうまく出来ない犬というのが居ます。その場合は飼い主側で手作りをして解決する必要がある場合もあります。手作りをうまくすることができれば健康面も良くなり、場合によっては状態を良くする場合もありますのでうまく手作りをしてみると良いです。ただし、手作りをする場合は特に食材、作り方を考えて作るようにしてください。

 

2.小型犬、室内犬のドッグフード選びで迷った時は

小型犬、室内犬ブームとも言われている昨今。ミニチュアダックスフントやチワワ、トイプードルなどの人気が高いですね。愛くるしい表情と元気に動きまわる姿にメロメロ・・・!そんな方も多いのではないでしょうか。室内犬は常に目の届く範囲にいますから、犬に対する意識も違ってきます。健康状態や毛並みなどにも自然と気を配るようになりますね。

 

そんな中で、小型犬の餌としておすすめなのが、イギリス産の「カナガンのドッグフード」です。

canagan_img

カナガンドッグフードの特徴としては、「完全穀物不使用のグレインフリー」、「人工添加物不使用」、「全犬種、全ライフステージ対応」というところです。この「穀物不使用」というところは非常に重要なポイントです。本来犬は肉食の生き物ですので、穀物を消化できるような構造の体ではありません。それを知らずに穀物(とうもろこしや小麦など)配合のドッグフードを与え続けると、涙やけやアレルギー、様々な疾病のリスクを高め、愛犬の健康維持に影響を与えます。ですから、ドッグフードに穀物が含まれていないということは非常に重要なことなのです。

 

また、カナガンは小型犬でも大型犬でもオールマイティーに対応してくれます。小さい子でも食べやすいように、一粒サイズが小さめに出来ているというところも嬉しい配慮ですね。全ライフステージにも対応してくれますから、パピー期からシニア期までこれひとつで十分なのです。必要なのは、飼い主さんによる「量の調整」です。年齢に応じて量と与える回数を変えてあげる必要がありますので、注意してください。

犬の健康維持のことを第一に考えるなら、なんといってもドッグフードの値段や量よりも「成分」に注目すべきでしょう。小型犬でも大型犬でも、一度アレルギーや病気にかかってしまったら完治するにはそれなりの費用と時間が必要になってきます。そうしたことも頭に入れて、ドッグフード選びはきちんと正しく行えるようにしていきたいものですね。

3.まとめ・・・

以上、「小型犬の餌でおすすめの消化に良いドッグフードと選び方とは?」というテーマでお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?今回おすすめしたイギリス産の「カナガンドッグフード」でが、上述したように「完全穀物不使用のグレインフリー」、「人工添加物不使用」、「全犬種、全ライフステージ対応」のカナガンドッグフードなら、小型犬から大型犬、パピー期からシニア期まで安心して与えることが出来ます。穀物不使用だからアレルギーや涙やけ対策としてもおすすめ。一粒のサイズが小さめにできているので、小型犬や子犬の消化にも負担がかからないでしょう。

 

愛犬の健康維持を一番に考えるなら、こうしたあ「ドッグフードの成分」について考え直すことも飼い主さんの大事な役割だといえます。一度アレルギーや病気にかかってしまってからでは遅いのです。ドッグフードの見直しの重要性を知って、ごはん選びにはぜひこだわってみて下さいね。

 

【参考】→こちらでご紹介した「カナガン」の公式サイトはこちら

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。