siba_geri

1.もう下痢に悩まされない!柴犬に合うドッグフードの選び方

下痢は柴犬にとってツライですし、よく見られる症状なのですぐになんとかしてあげたいですよね?愛犬に元気がなかったり下痢が2日以上も続くようであれば動物病院で診てもらう事をおすすめしますが、元気なのに下痢を不定期に繰り返す場合は困りものです。ですが、柴犬にとって相性の良いドッグフードに切り替えてあげることによって改善していくので安心してください。では柴犬と相性の良いドッグフードとは一体どういった特徴があるのでしょうか。次からその特徴について説明していきます。

 

1-1.柴犬と相性の良いドッグフードとは?

下痢を引き起こす過程には口から入れた食べ物を胃で消化して小腸、大腸で分解、吸収をして排泄までの道筋を通ります。この過程において最初の消化に余計な負担が掛かってしまうと分解と吸収も正常に働かなくなるので高い確率で下痢を引き起こす事になります。

消化の悪い原料について

消化の悪い原料の代表的な食材は「穀物」です。穀物と言えばトウモロコシ、米、小麦といった人間にとっては身近ですが柴犬にとっては消化をもっとも苦手としている食材です。柴犬は古くから日本人に愛されているので相性は良いように思うかもしれませんが、穀物の耕作が盛んだった弥生時代よりも犬の歴史はもっともっと古いです。

生物学的には今も昔も柴犬の体の構造は変わっていないので相性はむしろ悪いと言えます。

穀物が多く含まれているドッグフードの特徴はとにかく安いことなので、普段から食べさせてあげているフードの原材料を再度確認してみてください。1番最初のほうに穀物類が明記されている場合は含有量が多いドッグフードと言えるので切り替えれば下痢は改善されると思います。

消化の良い原材料について

柴犬にとって消化の良い原材料は一番相性が良いとされる動物性たんぱく質を多く含む肉です。肉についてはチキン、牛、豚、羊などありますが種類は特に指定しません。犬は肉食動物ですから消化に良いどころか病気になりにくい健康的な体を形成してくれます。

 

1-2.柴犬専用のドッグフードの罠

たくさんのドッグフードの種類が販売されている中で柴犬専用のドッグフードは非常に目立つし差別化されるので一度は試してみたいと思ったことはありませんか?ちなみに私は去年の正月に両親の住む実家に帰った時に、柴犬専用のドッグフードが置いてあるのを発見しました。その柴犬専用のドッグフードは低アレルゲンの主原料をメインとしていました。低アレルゲンだから良い印象を受けますが、袋の原材料表示を見てみるとメインとなる主原料が穀物の米でした。米は前途でお伝えした通り穀物なので消化の悪い原料の代表的な食材です。でも何となく良いものに聞こえるから逆に関心してしまいました。

 

1-3.最後に

柴犬にとってここまででお伝えした消化の良い原料と消化の悪い原料をしっかり見極めて選べば下痢はきっと改善されます。実家に置いてあった柴犬専用ドッグフードのようなメーカー側の巧妙な言葉の手口にはくれぐれも注意してください。袋の原材料表示を見ればどの原料がメインとなっているのかはすぐに分かりますからね。柴犬のドッグフード選びでもっと詳細なことや、カラダの負担が少ないもの、おすすめのドッグフード例などをおしりになりたければ、「消化器官への負担を軽減!柴犬ドッグフードでおすすめなら?」という記事でもより詳しくお伝えしておりますので、よろしければご参考になさってくださいね。

 

【ドッグフード選びの関連記事】

小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。