koureiken

1.おすすめのシニア犬ドッグフード選ぶために。

1-1.シニア犬に必要な栄養素をきちんと補って健康維持。

私たち人間と同じように犬も歳を取りますが、見た目ではなかなか判断しずらい傾向にあいます。もちろん、犬にも白髪が生えてきますし、目も耳も悪くなり、骨も脆くなってきます。ですが、犬は言葉を持たないので、体の不調を自ら訴えることが出来ません。老化と共に不足する栄養素、補うべき成分を私たち人間がしっかり把握しておく必要があるのです。食事の面からのサポートは最も重要なポイントだとも言えるでしょう。
そこで、シニア犬ドッグフードを選ぶ際におすすめしたいポイントをまとめてみましたので、シニア犬と一緒に過ごされている方は、ぜひ参考頂ければと思います。

1-2.シニア犬ドッグフード選びのポイント

まず、シニア犬ドッグフードには、成犬用ドッグフードより「高たんぱく質」、「低炭水化物」、「低脂肪」であることが求められます。また、関節も脆くなって骨折しやすくなってしまいますので、関節の健康維持をサポートする成分が豊富であること、さらに、免疫力をサポートする「抗酸化成分」が豊富であることが必要です。シニア犬用ドッグフードを選ぶ際は、こうした配慮が成されているものを選ぶようにしましょう。

【参考】おススメのフードといえば?

メーカーでおすすめなのは主に海外産のドッグフードで、カナガン、ナチュラルドッグフード、ファインペッツ、オリジン、アカナなどの人気が高いようです。海外産ドッグフードは国内産ドッグフードよりも品質が良く、成分や鮮度にもこだわって作られているものが多いですから、愛犬の健康を維持するためにこうした海外産ドッグフードを選ぶということも必要な考え方といえます。

【参考ページ】→ 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

1-3.普段の生活チェックも大切に

大切なのは、普段からしっかり犬の様子を把握し、小さな変化も見落とさずに拾ってあげるということ。信頼関係をしっかり築き、犬の訴えに敏感であることなのではないでしょうか。愛犬の食事の見直しはとても重要ですが、こうした基本的なことを普段からしっかり心がけておくという「飼い主としての意識の高さ」もとても大切なことなのです。

1-4.まとめ

以上、「シニア犬ドッグフードでおすすめのものはズバリこれ!」というてテーマでお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?上述したように人間と同じように犬も歳をとりますが、犬は私たちのように言葉を持たないため、自分の体の不調をきちんと伝えることが出来ません。だからこそ、私たち「飼い主」が老化とともに不足する栄養素、補うべき栄養を把握し、食事の面からしっかりサポートしてあげる必要があります。シニア犬用ドッグフードには、老犬に必要とされている関節の健康維持をサポートする成分、免疫力をサポートするための「抗酸化成分」が豊富に含まれており、さらには「高たんぱく質」、「低炭水化物」、「低脂肪」であるものをおすすめします。そしてまた、ご飯だけでなく普段のワンちゃんとの違い・変化にも気づいてあげることが出来るよう飼い主さんとして普段から目を光らせてあげてください。

健康的な生活を一緒に過ごしていくためにも、ぜひシニア犬のドッグフード選びにはこだわってみて下さいね。

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。