1、サイエンスダイエットはどのようなものか?

米国の獣医師がおススメするナンバーワンブランドとして有名なのが「サイエンスダイエット」「サイエンスダイエットプロ」です。獣医師が自分の愛犬にも食べさせたいと太鼓判を押すこのサイエンスダイエットシリーズ。様々な年代に見られるペットの健康ニーズに非常に幅広く対応してくれるドッグフードです。高品質なチキン、フルーツ、野菜などの天然素材配合で、犬の健康のことをしっかり考えて作られているということが伺えます。

1-1.犬にとってどちらが良いかを考える

犬によってどちらが良いかを選択することが多いでしょう。例えばドッグフードでもどのドッグフードをするか、決めることがあります。栄養を取るか、食べやすさを取るかを考えるでしょう。そういった考えが非常に重要ですのでしっかりと考えて一番犬にとって良い選択肢を選ぶようにしてください。

1-2.サイエンスダイエットのメリット

犬に食べさせることが出来るものでサイエンスダイエットというのがありますので、それのメリットについて説明をしていきます。

(1)価格設定

まず、サイエンスダイエットのメリットとして価格設定が比較的安い点です。価格設定が安いことで購入し易いし沢山購入してもそこまで負担になりませんのでとても良いでしょう。大体1日100gで約137円という値段になっているので良いでしょう。ただし、餌を多く食べる場合は変わってくるので注意です。

(2)肉の種類

次に、犬にとって良い肉類があります。肉類があることで犬はとても喜びますし栄養にも良いです。多くの犬が、食べ付きが良くなっていると言う報告がありますのでとても美味しいものということです。着色料や酸化防止剤が良くないものではなく、問題ないものを使用しているのもメリットでしょう。ですから、このようにメリットはサイエンスダイエットにもあります。

 

1-3.サイエンスダイエットのデメリット

サイエンスダイエットのデメリットもありますので、よく考えて利用するようにしてください。メリットと比較して適切な選択をするようにしてください。

(1)原材料

まず、サイエンスダイエットの原材料に問題があります。サイエンスダイエットにはトウモロコシ、小麦、動物性油脂、トリ肉エキス、ポークエキスなどのような原材料が使われているのですが、それら全て犬に与えるのはおすすめしないものです。特にトウモロコシ、小麦、ブドウは与えてはいけないものと言っても良いでしょう。ですから、原材料だけを見るとあまりにもおすすめしないものです。ちなみに小麦ですがこれはアレルギーの心配があるものです。ですから、それらに注意しないといけません。

(2)所在不明の肉

次に、肉関係です。トリ肉にチキンやターキーと言った記載がされているのですが、実際何の肉かわかりません。また、エキス関係がエキス関係も正直なところ何が入っているのか全くわからないので少し怖いものです。結局、安いドッグフードと何も変わらない問題がありますのでよく考えて与えないと犬にとって死活問題になることがありますので注意です。

 

1-4.実際サイエンスダイエットはどうなのか?

サイエンスダイエットに関してはメリットもあればデメリットもあります。特にデメリットの方は少し犬にとって良くないものが多くあります。ですから、避ける人も多いです。しかし、食いつきなどが良く、適度な使い方をすればある程度は問題ないことからそこまで避けるものではないです。もちろん、よく考えて選択が必要なのですが考え方次第では使っても良いものでもありますのでどうしたら良いかを選択して犬に与えるものを選択してください。

 

さて、そんなサイエンスダイエットシリーズでも、食いつきがあまり良くない、涙やけが思うように改善しないなどの声もチラホラ聞こえてきます。そこでおススメなのが、イギリス産の「カナガンドッグフード」です。

 

 

2、カナガンで涙やけの改善とアレルギー予防を!

カナガンは犬の特徴についてしっかり研究してドッグフードの開発に努めていますから、安心、安全、そして高品質なドッグフードとして多くのユーザーさんに愛されています。カナガンの特徴として挙げられるポイントは、「完全穀物不使用」、「人工添加物不使用」、「全犬種、全ライフステージ対応」というところですね。中でも「穀物不使用」というところは非常に重要です。犬はもともと肉食の生き物ですから、穀物をきちんと消化することが出来ません。涙やけや皮膚炎、アレルギーなどを起こす原因の多くがこの「穀物」だと考えられていますので、犬の健康を第一に考えてドッグフードを選ぶなら、まずは「成分表」の部分をチェックし、穀物が含まれていないかどうかを確認しましょう。

【参考サイト】『カナガン』の公式サイトはコチラ

 

3、まとめ・・・

以上、「サイエンスダイエットより食いつきの良い涙やけフードなら?」というテーマでお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?もしもあなたが愛犬の涙やけやアレルギー、皮膚のトラブルなどにお困りでしたら、適切な治療と平行してドッグフードの見直しをしてみてはいかがでしょうか。その際は成分表をまずチェックし、穀物が含まれていないものを選ぶことが大切です。良質な食事を与えることで愛犬の健康は維持されますし、健やかに長く一緒に過ごすことが出来るでしょう。犬の食事の重要性、ドッグフード選びの見直しについて考えてみませんか。

 

【参考】→小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。