1. 犬に鮭を与えても大丈夫?

1-1. 鮭は優れた栄養価を持つスーパーフード!

鮭は「自然界最強の抗酸化物質を持つ食材」として大変注目されている食材です。鮭には、抗酸化物質スーパーカロテノイドの一種「アスタキサンチン」が豊富に含まれています。鮭のサーモンピンクの色は「アスタキサンチン」の色です。 アスタキサンチンの抗酸化力は、ビタミンEの約1000倍といわれています。

1-2. 鮭の気になる栄養成分は?

【アスタキサンチン】

アスタキサンチンは、細胞を傷つけ老化を促したり病気を引き起こす原因になる活性酸素を除去し免疫力・自然治癒力を高めてくれます。このアスタキサンチンが身に含まれる魚は鮭だけです。

【DHA・EPA】

DHA・EPAには血液をさらさらにしてくれる働きがあります。血栓を防ぎ血流を良くしてくれますので、高血圧・動脈硬化・狭心症・心筋梗塞などの予防に効果が期待できます。またDHAは脳の発達・知能指数に関係するほか、老化・ガンの抑制・認知症予防に効果があるといわれています。 EPAは炎症やアレルギー症状の改善・緩和に効果があります。

【ビタミンA】

ほかの魚にはあまり含まれてないビタミンAですが、鮭には豊富に含まれています。ビタミンAには、目の機能を改善してくれる効果・皮膚や粘膜の抗酸化作用・免疫力を向上してくれる働きがあります。

【ビタミンB2】

ビタミンB2には、脂肪を燃焼し細胞の新陳代謝やエネルギー代謝を促進してくれる働きがあります。ビタミンB2が不足すると脂質の分解が滞り肥満の原因になるといわれています。健康な皮膚・被毛・爪をつくるために欠かせないビタミンです。

【ビタミンD】

ビタミンDは「万能ビタミン」とも呼ばれるとても重要なビタミンです。ビタミンDにはカルシウムの吸収を促進してくれる働きがあり、丈夫な骨を作るために欠かせない栄養素です。不足すると、脊椎の湾曲・骨粗しょう症・骨軟化症などが起きやすくなります。

【カルシウム】

カルシウムには、骨格の形成や維持・神経や筋機能を正常にする働きがあります。またあまり知られていませんが、カルシウムには精神状態を安定に保つ作用があります。

【たんぱく質】

たんぱく質は酵素・神経伝達物質などの材料となるほか、筋肉・臓器・被毛・爪など体を作るためにとても重要な役割を持つ成分です。免疫力を高めて病気やケガに対する抵抗力・治癒力を高めてくれる働きもあります。

 

1-3. 犬に鮭を与える際の注意点は?

犬に鮭を与える場合、新鮮な刺身用切り身なら生のままでも問題はありません。しかし、刺身には消化が悪いという問題点があります。丸飲み防止のためにも、生の刺身を与える場合はひと手間かけて細かくカットしてあげてください。時間が経ったものは必ず加熱してから与えるようにしましょう。加熱した鮭でしたら消化の心配はありませんが、骨には注意してしっかり取り除いてから与えてあげてくださいね。鮭は、「切り身」と「アラ」では、断然「アラ」がおすすめです。丈夫な骨を作ってくれるカルシウム・脳の発達や動脈硬化の予防に関係するDHA・血流を良くしてくれるEPA・貧血予防になる鉄分など、アラのほうが圧倒的に栄養素が多いことが分かっています。身はたんぱく質、皮は良質なコラーゲン、骨はカルシウムが豊富です。

1-4. おわりに

優れた栄養価を持つ鮭は、私たち人間だけでなく犬にとっても「スーパーフード」といえます。毎日大量に与えるのは良くないですが、愛犬の健康をサポートしてくれる頼もしい食材として、栄養バランスを考えながら上手に取り入れていきたいですね。

 

【参考ページ】→ 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。