1.ピュリナワンドッグフードの評判は?

1-1. ピュリナワンについて。

ピュリナワンは、コーヒーで有名なネスレ日本株式会社から発売されているドッグフードです。ライフステージ別・ライフスタイル別のほか、体重ケア・アレルゲンケアなど豊富なラインナップが魅力です。ドラッグストアやディスカウントストアなどにも置いてあり、気軽に購入できることも人気の大きな理由です。 知名度の高いピュリナワンですが評判はどうなのでしょうか。

1-2. 原材料に含まれる「穀物」が気になる!

ピュリナワンの原材料をチェックしてみました。原材料は、割合が多い順に原材料欄に記載されています。原材料の先頭にチキンが記載されていることから、ピュリナワンの主原料はチキンであることが分かります。たんぱく質には動物性たんぱく質と植物性たんぱく質がありますが、ワンちゃんはもともと肉食動物ですので、たんぱく質は肉から摂る必要があります。主原料がチキンであるということはまず評価できる点ですね。

穀物が多い

しかし、その他の原材料を見てみると、「米・コーングルテンミール・とうもろこし・小麦・大豆・大豆ミール」と、穀物が多く使われていることが気になります。これはあまり知られていないことですが、ワンちゃんは穀物を消化するための酵素を持ち合わせていません。ということは、食事のたびに消化器官に負担がかかっているということになります。また最近増えているワンちゃんの食物アレルギーですが、原因の多くは穀物(小麦・大麦・オーツ麦・とうもろこし・米・玄米・大豆など)だということが分かっていて、消化器官の異常や皮膚のトラブルなどの症状を引き起こす原因になると考えられています。日本ではまだまだ浸透していないグレインフリー(穀物不使用)ですが、世界的にはグレインフリーのドッグフードが主流になりつつあります。

食いつきや毛並みなどの評判は芳しくない?

ピュリナワンの評判ですが、レビューでは毛並み・毛艶・お腹の調子・食いつきについてかなり辛口のコメントが見受けられました。同価格帯のドッグフードでは主原料が穀物という商品が多い中、主原料が肉であるという点は安心できるポイントです。比較的アレルゲンになりにくい「米」を原材料の穀物の中で一番多く使っている点も評価できるかもしれません。しかし穀物が多く使われていることから、ワンちゃんのアレルギーを心配する飼い主様はやはり敬遠される方が多いようです。

穀物が含まれるドッグフードを食べたからといって、すべてのワンちゃんが不調になるというわけではありません。ただ、ワンちゃんにとって穀物は絶対必要なものではありません。穀物を多く使っているドッグフードを長く食べ続けることで体に負担がかかることは間違いないですし、アレルギーの心配もなくなりません。

1-3. おわりに

ワンちゃんは自分が食べるドッグフードを選ぶことができません。今はネットで公式サイトをチェックすれば、メーカーのポリシーやドッグフードの情報を簡単に知ることができる便利な時代です。さまざまな情報から自信を持って「これだ!」と納得できるドッグフードをぜひ見つけてくださいね。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。