1.ドッグフードの没食子酸ブロビルについて

 

 

1-1.様々な添加物、保存料を含んでいるドッグフード

ドッグフードは、実に多くの保存料、防腐剤が使われています。現時点で、こうしたものを使わずに長期間保存することは難しい為、ある意味仕方のないことだとも言えるのですが、飼い主さんはこうした知識をしっかり持ち、出来るだけ不要な添加物や着色料が含まれていない、安全性の高いドッグフードを選択するようにしなければなりません。愛犬の健康を守るのも害するのも、毎日の食事に大きなポイントがあります。危険な成分だらけのドッグフードを毎日毎日与え続けたらどうなるか・・・真剣に考えてみましょう。

ドッグフードに含まれる保存料の中に、「没食子酸ブロビル」という成分があります。これは酸化防止剤として添加されており、フードの損傷を遅らせる効果があります。ですが、この没食子酸ブロビルを摂り続けることで肝臓の損傷を引き起こす可能性があると言われており、わんちゃんにとって有害な成分であることが分かっているのです。
このほかにも、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、ソルビン酸カリウム、グリシリジンアンモニエート、着色料などなど、フードの保存料は犬の健康被害をもたらす可能性が非常に高いのです。こうした添加物が出来るだけ少ないドッグフードを選んであげることが大切なのです。

例えば海外産ドッグフードなどは日本と比べると安全性の高いペットフードがたくさん作られています。これは、海外が日本と違って犬や猫などの動物に関する法律がしっかり設けられており、ペットフードについての基準も厳しく定められているからなのです。飼い主さんは、愛犬の食事についてしっかり考えてあげる必要がありますし、知識を蓄えておかなければならないのです。

1-2.まとめ・・・

保存料が使われていないドッグフードなんか存在するの?という疑問を抱く飼い主さんも多いでしょう。正直に答えるならば、完全に保存料ゼロのペットフードを探すのは非常に難しいと言えます。ですが、中には天然の酸化防止剤が使われているものもたくさん存在します。ビタミンC、ビタミンE、ミックストコフェロール、クエン酸、カテキンなどがそれです。こうしたものは保存期間が短いというデメリットがありますが、愛犬の健康を害する成分と比べると安全だと言えます。飼い主さんは、出来るだけ安心、安全なドッグフードを
与えるように心がけましょう。
ドッグフードを購入する際、こうしたことを知っているのと知らないのとでは、安全性の高いフードを正しく選択するにあたって大きな差が出てきます。大切な家族の一員でもあるわんちゃんですから、可能な限り食事にもこだわってあげたいところ。危険だと分かっていながら食べさせ続けることについて、少しでも疑問を抱いたのなら、出来るだけそうした危険性の高いフードは避けるべきなのです。ドッグフードの値段や内容量にばかり目を向けるのではなく、その成分にもしっかり注目して購入するようにしましょう。

 

【参考ページ】

小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。