1.ソルビン酸カリウムについて

ドッグフードには、実に様々な保存料、添加物、着色料などが含まれています。一度、ドッグフードの成分表をごらんになって見てください。その原材料に含まれている保存料や不明瞭な点に驚かされると思います。ドッグフードを購入する際は、出来るだけ安全で、必要最低限の保存料にのみが使用されているドッグフードを選ぶべきなのです。そのことをしっかり理解しておきましょう。

ドッグフードに含まれている保存料のひとつに、「ソルビン酸カリウム(ソルビン酸K)」があります。これはドッグフードのみならず、人間の食べ物にも多く使われています(魚肉練り製品、マーガリン、味噌、ケチャップ、ジャム等)。
ナナカマドという木の実から抽出される天然の成分なので、数ある添加物の中でも比較的安全なものだと言えるかもしれませんが、犬の体に不要なものであることには変わりありません。
また、亜硝酸カリウムという発色剤と併用されることが多く、このふたつを併せて摂取することで発がん物質を生成することが分かっています。さらに、ソルビン酸カリウムの過剰摂取により発育不良や肝臓障害を引き起こす可能性もあるので、注意が必要なのです。

 

1-1.保存料、人工添加物には気をつけて

 

こうした点を考えてみても、ドッグフードに含まれる様々な添加物は、犬の健康を害する多くの要因になり得るということがわかりますね。飼い主さんは、ドッグフードの危険性についても真剣に考えなければなりませんし、必要な知識を持つということも非常に大切なのです。ドッグフードには、安くて量が多いもの、特売セールの対象になっているものがたくさんありますが、そうしたドッグフードの多くが安全性の低いものである可能性が高いということを覚えておきましょう。

 

1-2.まとめ・・・

ドッグフードに保存料、防腐剤をまったく使わないということは、現時点ではほぼ不可能だと言えるかもしれませんが、出来るだけ自然の成分由来のものを使っていたり、必要最低限に留めている品質の高いドッグフードも数多く存在しています。具体的に挙げるなら、海外産ドッグフードがそれにあたります。海外は日本と違い、動物が法律でしっかり守られていることが多く、ペットフードに関する規定も厳しく定められています。その為、高品質でありながら安心、安全なドッグフードが多数存在しているのです。こうした事実を知っているのと知らないのとでは、ドッグフードを正しく選択するにあたって大きく違ってきますから、飼い主さんはその点についてしっかり頭に入れておくようにしましょう。
わんちゃんの健康を守る鍵は、「安全な食事」にあります。ドッグフードを購入する際は、必ず「成分表」をチェックするように心がけてください。不明瞭な点が多かったり、穀物や添加物がたくさん含まれているものは避けるようにしましょう。値段や、内容量の多さにばかり目を向けず、いかに安全なものか、安心して食べさせることが出来るかという点に着目するようのしてください。

 

【参考ページ】

小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。