1.健康に良く安全なドッグフードとは

1-1.健康を良くするために

健康を良くするためには必要なエネルギーを必要分獲得でき、問題となる原材料を使っていないものを食べることが健康の一歩です。これらをしっかりと基準通りの摂取の仕方をすることである程度健康になれます。ただし、他にも健康のためにしないといけないことがありますので頑張りましょう。

1-2.安全、健康なドッグフードの選び方について

安心して食べることができるドッグフードの選び方は、必ず原材料を確認することを忘れないようにしてください。原材料によってはかなり犬に良くない場合があります。また、アレルギーや病気によっては与えてはいけないものが結構ありますので、それに該当している原材料を使っているドッグフードは避けるようにしましょう。特にアレルギーは本当に大変なことになりますので絶対に避けるようにしてください。

これだけは確認しておく

当たり前のことですが、怪しいところで購入したドッグフードはあげないようにしましょう。有名なドッグフードのパッケージでも中身が違うなどがありますので注意です。特に安い、明らかに聞いたことがない会社が作っているドッグフードは避けるようにしましょう。食べさせてから問題が多く出てくることがありますので注意です。ただし、自分が知っていないだけで有名で問題ないというところもあります。心配なら検索をかけたり、獣医に相談をしたりすることで解決することが出来るでしょう。

 

1-3.どれが犬にとって良くないかを知る

安心して食べることができるドッグフードを選ぶ場合は必ずどれが犬にとっては良いものか、そして悪いものか理解するようにしましょう。それをしないとうまく健康的で安全なドッグフードを選ぶことが出来ません。ですから、まずは犬全般が食べてはいけないものを知ることからしましょう。犬の場合はチョコレート、刺激物がダメなのは有名なものです。他にも穀類、いもなども良くない場合があります。故に、そのようなダメなものを理解するようにしてください。そして、それが入っているドッグフードは避けたほうが良いでしょう。ただし、少量なら問題ないという場合もありますので注意です。稀に問題のある原材料を使っているが少量ということがあります。それが本当に問題ないかの判断は飼い主にしか無いのでしっかりと確認をしてから与えるようにしましょう。

 

1-4.まとめ

自分の犬の状態で悪いのはどれかを理解するようにしてください。例えばアレルギーでダメなものはどれかを理解しましょう。それが入っているドッグフードは絶対に避けるようにしてください。そして、病気で与えてはいけないものもありますのでそれを理解しましょう。それでかなり安心することが出来ます。

ちなみに、何も問題ないはずでも問題が出てくることがあります。それがドッグフードの問題なのか、他のことが問題なのかを確認するようにしてください。ドッグフードが問題ならドッグフードを変えればよいです。ドッグフードが問題ではないならそれを解決しないと意味が無いので注意です。ですから、どれが問題かを調べることを忘れないようにしてください。

 

【参考記事】→ 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。