1.ワンズライフのドッグフードはおすすめなのか?

1-1.ワンズライフの特徴は?

こちらでは『ワンズライフ 成犬用 チキンフィッシュ味』の詳細をお伝えします。

a,成分や原材料は?

原材料は、穀類(トウモロコシ・コーングルテンミール、小麦粉等)、肉類(ミートミール・チキンミール・ポークミール・チキンエキス)、豆類(乾燥おから・脱脂大豆等)、油脂類(動物性油脂・植物性油脂)、魚介類(フィッシュエキス・フィッシュパウダー)などが使用されています。
成分はタンパク質22%以上、脂肪8%以上、エネルギー100gあたり340kcalとなっています。

b,安心して与えることが出来るか?
こちらは酸化防止剤の記載がないために、どのようなものが使用されているのか分かりません。肉類もミールやエキスがほとんどで生肉などの使用がないという事が気になります。
特にミートミールというのはどの動物の肉を使用しているのか分からないので気になります。

c,グレインフリー(穀物不使用)は?

主原料が穀類となっています。トウモロコシや小麦粉が多く使用されているようです。

1-2.病状・犬種・ライフステージ別に考える

a,内臓系の症状

こちらは、ビール酵母が配合されています。このビール酵母は腸内環境を良くし、便秘解消や疲労回復に良いとされています。そのため、ビール酵母が入ったこのフードはお腹の健康維持に役立つと思われます。

b,関節の症状

こちらのフードにはN-アセチルグルコサミンが配合されています。これは、一般的なグルコサミンよりも吸収が良いとされているものです。そのため関節や骨の健康維持に期待できます。

c,皮膚病

こちらは動物性油脂と植物性油脂がどちらも配合されていますので皮膚と被毛の健康の維持に役立つと考えられます。
ただ、穀類が多くタンパク源もチキンとポークなのでアレルギー体質の子には注意が必要かもしれません。

d,犬種別

このフードは小型犬用に製造されています。

e,ライフステージ
このフードは1歳から10歳までの成犬用となっています。他に子犬用、10歳以上用が販売されています。

f,その他
同じ成犬用ではビーフ&フィッシュ味が販売されています。子犬用と10歳以上用はチキン味となっています。フードは全て小袋入りで酸化しにくいフードとなっています。
そして、小型犬用ですが粒が少し大きめに作られていますので、噛んで食べる事に繋がり歯石の沈着を抑え健康的な歯を維持する工夫がされているフードとなっています。

1-3.まとめ

評価 2

このフードはビール酵母や、N-アセチルグルコサミンが配合されていますが、主原料が穀類であること、肉類もミールが多く使用されている事、油脂類もどのような油脂が使用されているか明確には分からない事などが少し気になります。

【参考:愛犬の健康におすすめのドッグフードをお探しならこちらもチェック!】
→ 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。