oyatsu

1.犬の胆のうでおやつや食事が重要、負担のかからないもの

 

1-1.胆のうの危険性について

人にもある胆のうですが、犬にも存在している器官です。実際とても必要な器官であり、これが悪くなると非常に良くない症状が出てきます。例えば、食欲不振や嘔吐、複数と言ったものや大きな病気、胆のうが破裂するなどのことがありますので、それを避けるために対処しないといけないでしょう。

1-2.犬の胆のう時に食事やおやつに注意する

胆のう状態が悪くなった場合しっかりと対処しないといけません。その時に注目して欲しいことが食事やおやつの存在です。
おやつは別としても食事は生きていく上で必要なものです。また、おやつもあると何かと良い場合があります。そんな食事とおやつが胆のうの悪くなった時に重要なところで、その食べ物によっては胆のうを更に悪化させてしまうことになる場合があります。
あたりまえですが、悪化していけば徐々に犬の身体は弱っていき最終的に胆のうの病気になり死に至ることもあります。ですから、それを避けるためにもおやつや食事の選択がかなり重要になります。
例えばジャーキーがありますが、これは胆のうが悪くなっている状態ではあまりおすすめしません。脂っこいものは胆のうの状態を悪くすることがあります。ですから、そのようなものは避けるのが良いです。
胆のうの状態がどのようになっているかは見ただけではわかりません。しっかりと診察をしてもらい判断しないといけません。ですから、診察をしてもらいどのようになっているかを確認して胆のうに負担がかからないようにしましょう。

1-3.胆のう障害予防につながる食材

犬の胆のう障害を防ぐためには、日ごろから食生活に気をつけるのが一番です。お肉類などを多く食べさせていると、胆のうにかかる負担がより大きくなるので、もっと負担がかからない食材を中心に食べさせれば、自然と胆のう障害を予防できるようになります。
胆のう障害予防に最も効果があるとされているのが、緑黄色野菜やきのこ類です。これらの食材は、胆のう障害の原因となる脂質がほとんど含まれておらず、安心して食べさせることが出来ます。
野菜やきのこに含まれる栄養素も、犬の健康には欠かせないものばかりで、肉の量を控えて、野菜やきのこの量を増やすことで、確実に胆のう障害を予防することが出来るでしょう。
さらにすでに胆のう障害になっている場合も、サプリメントなどを使って肝機能などを高めることで、症状をある程度改善させることが出来ます。

【関連記事】

犬が食べていい野菜ってナニ?消化を考えた選び方について。

 

 

1-4.まとめ

犬の胆のうの健康は、飼い主が用意する食事にかかっています。犬が自分で栄養バランスを調整することはできないので、常に食事には器を配らなければなりません。
食事やおやつの内容を見直すだけで、必要以上に多く摂取している脂質を増やしたり、脂肪の燃焼効果を高めるなどの効果が期待できるのは間違いないので、胆のうに関する病気を防ぐためにも、緑黄色野菜やきのこといった食材をフル活用して、胆のうにかかる負担を最小限に抑えてください。
サプリメントによる栄養補助も、胆のう炎のような病気に罹ったときには非常に役立ちます。食事療法の効果は決して馬鹿に出来ず、少しずつ健康な状態に身体を近づけることが出来るので、積極的に活用する機会を作るようにしましょう。
胆のうは非常に重要で、これが悪くなると非常に良くない症状が出てきます。胆のうが悪くなった場合しっかりと対処しないといけません。食事やおやつの内容を見直すだけで、胆のうに負担のかからない食事に仕上げることができます。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。