1.ドッグフードを混ぜるのはワンちゃんにとって良いこと?

1-1. ドッグフードを混ぜるメリット・デメリットは?

ドッグフードを2種類以上混ぜて、ワンちゃんに与えたことがあるという飼い主様はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。一番多いのは、フードを切り替えるときだと思います。フードを切り替えるときは、「ワンちゃんの様子を見ながら新しいドッグフードの割合を少しずつ増やして慣らしていく」という方法が一般的ですよね。栄養価の高いドッグフードに切り替える場合はとくに、下痢を起こしやすくなります。各メーカーではそれぞれ、少なくとも1週間~2週間程度かけて最終的に1種類のドッグフードにするように推奨しています。

ドッグフードの切り替え以外だと、たとえば・・・

  • 【高品質のドッグフードと比較的お手頃価格のドッグフードを混ぜている(高品質なドッグフードは高価格なため)】
  • 【同じドッグフードだけだと味気なくてかわいそうだと思う】
  • 【いろいろな栄養素を摂れるように、複数のドッグフードを混ぜて与えた方が良いのでは?と思っている】

ほかにもあると思います。

 

これはすべてのメーカーにいえることですが、他社のドッグフードと混ぜて与えることを想定して商品開発をしていません。ワンちゃんが自社のドッグフードを食べることで生涯健康で過ごせるよう、1種類のドッグフードには必要な栄養素がベストなバランスで配合されています(あまりにも低価格なドッグフードは問題外です)。複数のドッグフードを混ぜることでそれぞれの足りない栄養素を補うことができるというメリットはたしかにありますが、それは同時に、それぞれのドッグフードが持つ「本来なら期待できる効果」が最大限に発揮されないというデメリットも併せ持つことになります。

さきほどもお伝えしたように、1種類のドッグフードには必要な栄養素がベストなバランスで配合されています。ワンちゃんの健康のためにできるだけ栄養価の高いものを効果的に与えてあげたいとお考えでしたら、この機会に高品質のドッグフード1種類だけに決めてみてはいかがでしょうか。スーパープレミアムドッグフードと呼ばれている高品質のドッグフードは高価格ですが、栄養価が高いため一般的なドッグフードに比べて給餌量が少なくて済みます。実際購入されたらそれほど高いとは感じないはずです。

 

 

1-2. おわりに

ワンちゃんにドッグフードを2種類以上混ぜて与えてあげると、1種類のときより食いつきが良くなるという声が圧倒的に多いようです。食感や匂いのバリエーションを楽しめるので、ワンちゃんの食欲に勢いがつくようですね。

ドッグフードを混ぜることが原因で病気になることはまずありませんが、とくに長期にわたって続けられるのはおすすめできません。それぞれのドッグフードが持つ栄養バランスや期待できる特徴が最大限に効果を発揮するためには、混ぜて与えるべきではありません。ワンちゃんの健康のことを考えたら、ドッグフードを混ぜるのは切り替えのときのみが理想的だといえるでしょう。

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。