ワンちゃんが安心して食べることができる無添加のドッグフード

飼い主が安心して食べさせることができるドッグフードは、犬にとっていいものしか入っていないものですね。そんな飼い主にお勧めなドッグフードが、ロータスです。

ホルモン剤を使用していない原材料を厳選して使用したドッグフードで、人間と同じ食品基準であるヒューマングレートを使用したドッグフードです。他のドッグフードには含まれている可能性があるといわれている肉類の副産物、合成保存料や合成香料は使用されていませんので、ワンちゃんにとっても飼い主にとっても安心できるドッグフードです。

また、アレルゲンとなる小麦や大豆、トウモロコシ、チキンやラムの副産物を使用していません。そのために、アレルギーで苦しんでいるワンちゃんでも食べさせることができます。合成保存料は含まれていませんが、自然保存料としてトコフェロールやクエン酸を使用していますので、保存料が含まれていないわけでないので品質的にも安心できますね。その他にも、ビタミンCの20倍の抗酸化物質であるグレープシードエキスを配合しています。

グルコサミンやコンドロイチンに配合していて、健康な関節を維持するのに役割を担っていますので、年を重ねた結果、少し足腰が弱ったワンちゃんに食べさせるといい影響が出るといわれます。オメガ3,6脂肪酸を配合しているので健康な被毛や皮膚の維持を担っていますので、被毛に艶がなくなってきたりしたワンちゃんは被毛の状態が改善されることも期待できます。ミネラルはそのままだと吸収しにくいので、そのミネラルを通常よりも3〜10倍吸収しやすいようにキレート化されています。

ロータスがほかのドッグフードと違う点は、オーブンベイク製法と呼ばれる製造方法です。オーブンベイク製法はオーブンでゆっくり焼く製法で、ドッグフードが他のドッグフードよりも吸収しやすい形で残ります。
この製法で生産すると、嗜好性を高める為に香料や脂肪を作る必要がありませんので、余計なものをドッグフードの中に入れる必要がなく、ワンちゃんへの負担も減らすことができます。少量でも多くの栄養素を摂取する事ができるのもこの製法の特徴です。

通常の製法では、原材料を粉砕や配合して加熱や発砲、成形した後に冷却してドッグフードを生成します。加熱時には115〜135℃まで加熱され、時には原料によっては160℃まで加熱される事があります。ロータスは、それほど価格が高くないので経済的にも助かります。嗜好性が良く、被毛やウンチの状態がいい、体臭が少ないなどの評価がありますが、批判的な評価としては貧血気味、口臭が生臭いという良くない評価もあります。

ロータスは危険性が高いといわれる成分が排除されて、安全性が高いといわれる成分が多く含まれているので飼い主や家族は安心してワンちゃんにドッグフードを食べさせる事ができ、嗜好性も高いので飼い主としても安心して食べさせることができます。決してすべての飼い主が評価しているわけではありませんが、犬にとって良くないものは含まれていない無添加のドッグフードで安心性が高いドッグフードといえます。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。