1.脚の悪い犬のダイエット

少し太り気味になってしまった愛犬にダイエットをさせたい時にどうすればいいでしょうか?食欲旺盛な子の場合には、食事量を減らすだけではなく運動をして消費カロリーを増やす事でダイエットになります。ですが、少し脚の悪い愛犬の場合にはどうすればいいのでしょうか?

1-1.脚の悪い犬のダイエットは食事が大事

脚の悪い子に長時間歩かせたり、走らせたりと運動させる事はあまりいい事ではありません。この場合は食事であるドッグフードでダイエットをさせるしかありません。
ではどのようなドッグフードを選べばいいのでしょうか?
ダイエットフードは各種メーカーが発売しています。それらは必要な栄養をそのままにカロリーを少なめにしていますので、運動をしなくても摂取カロリーを減らす事でダイエットが出来ます。どうしてもお腹が空いて胃液を吐いてしまうようなら、少しエサを増やすか低カロリーの鶏ささみを茹でた物、または腹持ちのいいさつまいもなどを少量与えてあげましょう。ダイエットは少しずつ行う事が大事です。急激に行っては愛犬のストレスでおかしくなってしまいます。

1-2.ダイエットフードの注意点

ダイエットフードは給餌量が少ない場合があります。その事から食べ応えが少なく、もっと食べたいと要求するかもしれません。そして、今まで食べていたカロリーたっぷりのフードよりそそられないために、食いつきが悪いかもしれません。
どちらの場合でも愛犬のわがままを許してはいけません。いくらカロリーの少ない食事にしていてもたくさんの量を与えていては意味がありませんし、ダイエットフードを食べないからと言って元のフードを与えても意味がありません。決められた量を与え、食べなければ次回のごはんまでは何も与えない、この徹底が必要です。そして現在太り気味だという事は、運動量に対してご飯の量やオヤツが多いという事です。オヤツも与えてはいけません。もし与えるのなら、ダイエット用のオヤツを購入してくださいね。
犬はダイエットしなくては、しようなどと思いません。急にご飯の量が減って、あまり美味しくなくなって、おやつも貰えなくなったなどと思うだけです。ただ、肥満は将来的に大病を引き起こす原因となるために、少しでも早く健康な体に戻す必要があります。そのためには飼い主さんが心を鬼にして、いち早くダイエット期間を終わらせてあげる事も必要です。

1-3.まとめ

肥満を早く治してあげないと更に脚の悪化に繋がってしまう他、将来的に糖尿病や心臓病など肥満は大病になる原因となります。一度肥満になってしまった犬をダイエットさせるのは人間と同じでとても根気が必要なものです。そしてそれはダイエットを理解できない犬にとっても嫌な時期になってしまいます。普段から肥満には気を付けてあげられるのは飼い主さんです。愛犬の健康のために頑張ってくださいね。

【参考ページ】

小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。