1.もしかしてアレルギーの原因はドッグフードかも!?犬のかゆみどめの薬はある?

 

1-1.犬にも増えているアレルギー。原因はさまざま。

最近アレルギーの犬が増えているようです。愛犬の体に発疹や脱毛がありませんか?その部位の皮膚を、執拗に掻いたりなめたり噛んだりしていませんか?皮膚トラブルなどで「アレルギーかな?」と思われたら、悪化する前に早めにかかりつけのお医者様に診てもらいましょう。皮膚科のある動物病院もあります。診断に納得できない場合はセカンドオピニオンも考えてくださいね。かゆみの原因は、食物アレルギー・皮膚病(真菌によるもの)・ノミ・ダニなどさまざまあります。またアレルギー性ではありませんが、晩秋から初春にかけてかゆがって体を傷つける場合、原因は乾燥であることが多いです。

 

1-2.ドッグフードが原因?かゆみどめの薬はある?

今回はドッグフードによるアレルギーについてお話します。

検査の結果アレルゲンが特定できたら、アレルゲンを含まないドッグフードに切り替えましょう。手作り食を考えられるかもしれませんが、愛犬の運動量や年齢で必要な栄養素を毎日の食事のたびに計算するのは大変です。アレルギーの子が増えてきていることもあり、アレルギーに対応したドッグフードが各メーカーから発売されています。種類も豊富ですので、その中から愛犬にピッタリのドッグフードがきっと見つかると思います。

(【参考】アレルギー持ちの犬も食べれる「低アレルゲンドッグフード」の選び方

原材料でアレルギーが出やすいのは「牛肉・鶏肉・子羊(ラム)肉・鶏卵・乳製品・小麦・大豆・とうもろこし」ですが、ドッグフードの添加物などが原因でアレルギーが出ることもあります。高品質で安心安全、そして愛犬に合ったドッグフードを厳しい目で選んであげましょう。ひどくかゆがっている場合は、病院でかゆみどめの薬を処方してもらいましょう。間違っても人間用は使わないでくださいね。しかし、外からだけでは症状は解決しません。皮膚のケアをするとともに、体の中からの体質改善をしていくことが大切です。

 

アレルギーの子にも安心しておすすできるドッグフードを見つけましたので、ご紹介したいと思います。

 

【ドッグフード専門店 手作り犬ごはん】http://www.t-food.jp/

オーナーシェフは、「犬連れ専用の宿 DOGS INN」のオーナーでありペット料理研究家でもある中山仁さんです。「愛犬のアレルギー症状を治して、もう一度元気に走らせてあげたい」との思いから誕生したドッグフードです。食材はもちろん水にもこだわって作られた安心安全無添加のドッグフードです。

 

 

1-3.おわりに

私たちが与えるドッグフードが愛犬の健やかな体を作ります。かわいい愛犬が一日でも長く健康でいられるように、知識を身につけ愛情を持って健康管理をしてあげましょうね。

【関連記事】→ 犬のアレルギー性皮膚炎は治る?ドッグフードも変えるべき?

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。