1.いぬのしあわせのドッグフードはおすすめなのか?

1-1.いぬのしあわせの特徴は?

こちらでは『いぬのしあわせ 小粒 成犬用』の詳細をお伝えします。

a,成分や原材料は?

原材料は穀類(小麦粉、ホミニーフィード、とうもろこし、コーングルテンミール、脱脂米糠)、肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー)、油脂類(動物性油脂、フィッシュオイル、米胚芽油)などになっています。
成分はタンパク質22%以上、脂質11%以上、エネルギー100g当たり345kcalとなっています。

b,安心して与えることが出来るか?

こちらの商品は人口添加物などが使用されていませんので、その点では安心して与える事ができますが、肉類はミールやパウダーとなっていますので、副産物が使用されているようです。

c,グレインフリー(穀物不使用)は?

原材料から分かる様に主原料に穀類が使用されています。多すぎる穀類は、本来肉食である犬にとって胃腸に負担を掛けてしまいます。

1-2.病状・犬種・ライフステージ別に考える

a,内臓系の症状

原材料に穀類が多いために犬の胃腸に負担を掛けてしまう恐れがあります。ただ、こちらの商品にはアンセリンを含む魚肉抽出物が配合されています。このアンセリンは人間では運動能力の向上、疲労回復、尿酸値を抑える効果、アンチエイジングなどが言われています。

b,関節の症状

グルコサミンが配合されていますので、骨や関節の健康維持に適したフードとなっています。

c,皮膚病

皮膚や被毛の健康維持のための肉類のタンパク質、そして脂質も動物性油脂、フィッシュオイル、米胚芽油と複数含まれています。動物性、植物性の脂質が配合されていますので犬の被毛や皮膚には問題ありません。

d,犬種別

こちらは小粒タイプなので小型犬に向いています。ただ中型犬以上の中粒用も販売されています。

e,ライフステージ

この「いぬのしあわせ」は1歳~6歳用成犬用ですが、同じ1歳~6歳用の脂肪カロリー控えめ用、7歳以上用、11歳以上用が販売されています。

f,その他

いぬのしあわせは大きめカットの食材が入った「いぬのしあわせ ゴロット具ルメ」小粒、中粒なども販売されています。そして超小型犬対応の「いぬのしあわせ プッチーヌ」などが展開されていて、ジェーピースタイルシリーズ、ランミールシリーズの姉妹品でもあります。

1-3.まとめ

評価 3

アンセリンやグルコサミンが配合されていて、愛犬の健康を考えたフードとなっていますが、原材料から主原料が穀類である事、肉類が生肉ではなくミールを使用している点が気になります。

【おすすめのドッグフードをお探しならこちらもチェック】
http://www.royal-grey.com/kogataken-osusume-dogfoodranking/

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。