1、ドッグフードの選び方について

巷には実に様々なドッグフード、ペットフードが存在しています。○○犬用と犬種ごとに分かれていたり、子犬用、成犬用、老犬用という風に年代ごとに分かれていたり・・・国内産、海外産、たくさんありすぎて、一体どれを選べばよいのか分からない!そんな風に悩んでしまうものですよね。
また、どうしても値段や量で判断してしまいがちですが、ドッグフードの選び方としてそれは正しいのでしょうか・・・?ここでは、ドッグフードを選ぶ際にどんなところに注目するべきなのか、ポイントを挙げていこうと思います。

1-1、穀物不使用のドッグフードで愛犬の健康管理を

まず、確認して欲しいのが「成分表」です。成分の欄に、とうもろこしや小麦などの「穀物」が含まれているものはよくありません。穀物不使用、グレインフリーのドッグフードを選ぶようにしてください。どうして穀物が含まれているものがよくないのか?といいますと、犬の体は穀物をきちんと消化・吸収することが出来ない構造になっているからなのです。犬はもともと肉食の生き物ですから穀物は必要ありませんし、摂り続けることで体に大きな負担をかけてしまいます。多くの飼い主さんが悩まされている愛犬の涙やけやアトピーなどの皮膚トラブルの原因にもなりますし、その他の様々な疾病のリスクも高めてしまいますから注意しましょう。

(【参考記事】→ 皮膚炎アレルギーでも食べさせる事ができるドッグフードの選び方は?

 

1-2、海外産ドッグフード・自然はドッグフードがおすすめ

おススメなのは「海外産ドッグフード」です。海外産ドッグフードは高品質で安心・安全なものが多く、鮮度にもこだわって作られているためにホームセンターなどでは購入出来ない場合があります。人気の高い海外産ドッグフードは主にネットからの通信販売になっていますから、専用サイトを覗いてみると良いかもしれません。また、無香料、無着色、人工添加物不使用、オーガニックなど、自然派ドッグフードもいいですね。

なお、基本的に犬は犬種やライフステージ(年代ごと)で食事の内容を大きく変える必要はありません。強いていうなら量を調整してあげるくらいでしょうか。ですから、ドッグフードを選ぶ際は全犬種、全ライフステージ対応のドッグフードを選んであげることで長く食べ続けることが出来るでしょう。

こうしたことをしっかり理解しておくことでドッグフード選びでの失敗を防ぐことが出来るでしょう。値段や量で判断するのではなく、その品質や成分に注目して正しく選択すること。そうすることで愛犬の健康を守ることができるのです。

1-3、まとめ

巷には実に様々なドッグフードが存在しますが、選ぶ歳のポイントは値段や量ではありません。ドッグフードの成分に注目してください。穀物が含まれているものは犬の体に大きな負担を与え、様々なトラブルを引き起こす原因となります。選ぶなら穀物不使用のグレインフリーのドッグフードにしましょう。海外産ドッグフードはそういった面でも配慮されているのでおすすめです。出来れば全犬種、全ライフステージ対応のドッグフードが望ましいですね。子犬の頃から老犬になるまで、長く食べ続けることが出来ますよ。

 

【合わせて読みたい関連記事】→ ドッグフードの選び方は?「穀物不使用」の安全なものがおすすめ!

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。