1.ホリスティックブレンドのドッグフードはおすすめなのか?

1-1.ホリスティックブレンドの特徴は?

a,成分や原材料は?

ホリスティックブレンドのドッグフードに使用されている原材料は、全てカナダ・米国・ニュージランド産です。
それらの原材料は高品質で有機栽培されているもののみを使用しており、化学薬品や動物由来成分は一切使用されていません。また、食塩や砂糖、人工着色料、合成香料、増量剤、結合材を添加せず、非アレルギー性の原材料のみが使用されています。

b,安心して与えることが出来るか?

ホリスティックブレンドは「カナダ産の最高級のナチュラルペットフードブランド」とされています。
ペットの健康や行動、寿命などの源は「適切に管理され維持された栄養にある」と考え、基本的な栄養要件だけでなく、動物の健康を総合的に考慮し、そのバランスが最高に保てるように考慮されています。

また、多くのドッグフードで高品質の基準として使用されているAAFCO(米国資料検査官協会)の基準では、原材料の品質を計る上で不十分とし、AAFCOの規格する基準を上回る基準で作られており、、安心して愛犬に与えることができます。

c,グレインフリー(穀物不使用)は?

ホリスティックブレンドの基本材料の中には大麦が含まれており、大麦は非アレルギー物質とさています。
しかし、グレインフリー(穀物不使用)の製品として「グレインフリードッグ マリン5フィッシュブレンド」「グレインフリードッグ ターキー&サーモン」の2種類の製品展開があるので、すでに穀物アレルギーがある場合はそちらもオススメです。特に「グレイングリードッグ マリン5フィッシュブレンド」はチキンやラム、ターキーも使用せず、新鮮な5種類の魚を主なタンパク源として作られているので、動物アレルギーがある場合も有効です。

1-2.病状・犬種・ライフステージ別に考える

a,内臓系の症状

ホリスティックブレンドに含まれる基本原材料の中には「りんご」や「クランベリー」、「大豆タンパク質」があります。
りんごは腸機能を改善し、尿路感染症に効果があるとされており、クランベリーは尿路を浄化するのに役立ちます。また、大豆タンパク質は慢性疾患の予防保全で使用されることが多い成分で、冠状動脈生心臓病のリスクを低減させてくれます。

b,関節の症状

ホリスティックブレンドに含まれる「ユッカ」には、関節炎や股関節形成不全などの関節の問題に役立つ成分だとされています。

c,皮膚病

ホリスティックブレンドの原材料にも皮膚の健康を保つために必要なオメガ6やオメガ3脂肪酸として「サーモン」が含まれています。
さらに製品ラインナップにある「ラム&ライス」「チキン・ライス&ベジタブル」には、オメガ6やオメガ3脂肪酸のバランスを考えて配合されているため、特に皮膚や毛並みの健康を健やかに保つ効果が期待されます。

d,犬種別

ホリスティックブレンドには犬種ごとに別れた製品ラインナップはありません。
どの犬種の健康も総合的に考慮されていると言えます。

4,ライフステージ
ホリスティックブレンドには特に年齢に応じた製品ラインナップ分けはありません。
特に、「ラム&ライス」「チキン・ライス&ベジタブル」は低アレルギーで消化が良いため、全年齢に適しています。

1-3.まとめ

評価4

昨今愛犬の健康を考え「プレミアムフード」を選ぶ飼い主も増えてきており、それに伴いプレミアムフードの種類も多様化しています。中には、高品質のものだけを使い、過剰に手間やコストをかけることで価値を高めているものもないとは言えないでしょう。
そんな中、ホリスティックブレンドのドッグフードは「動物の健康を総合的に考え、栄養要件のバランス」を大切にしています。
何を大切に考えて作られているのかがとても明確で、安心して愛犬に食べさせることができるドッグフードです。

【おすすめのドッグフード選びならこちらもチェック】
http://www.royal-grey.com/kogataken-osusume-dogfoodranking/

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。