犬の健康にとって悪いものが含まれていない、無添加のドッグフードとは?

飼い主にとっては、ワンちゃんが食べるものはいいものを食べさせたいと思いますよね。
ただ、市販されているドッグフードの中には犬の健康にとっては無意味なものや逆に健康に悪いものが含まれていることがあります。
食べてもすぐに健康に悪影響が出るわけではありませんが、長年食べ続けるとワンちゃんの健康に悪影響が出る可能性が高いといわれます。
ただ、ドッグフードの中でも犬の生態や性質などを考慮して犬の健康にとって良いドッグフードはあります。

ワンちゃんの健康に悪いものが含まれていない無添加のドッグフードを食べさせたい飼い主にはホリスティックレセピーがおすすめです。
ホリスティックレセピーはアメリカで開発されたドッグフードですが、日本で飼育されている犬に向けて開発されたドッグフードで、日本独特の気候や住環境、生活環境を考慮して開発されたのがホリスティックレセピーです。
また、合成保存料や人工着色料、人工香味料を全く使用しない無添加で製造されていて、また、アレルギー反応が出やすいといわれる牛肉や小麦、乳製品、卵などを使用せずに製造されていますので、健康に悪いものは食べさせたくない飼い主やアレルギーを持つワンちゃんの飼い主にとっても安心してワンちゃんに食べさせることができます。

ホリスティックレセピーの原材料としては、チキンミール、玄米、ローズマリー、天然香味料、ビートパルプ、ラム肉、大麦、鶏脂などがあります。
合成保存料や人工着色料などの犬の体に悪影響を与えるような成分が含まれていないので、飼い主や家族としては安心してワンちゃんに与える事ができます。

アレルギーがある犬に対して様々なタイプのドッグフードがあるホリスティックレセピーなので、アレルギーに対して効果があるといわれ、動物病院でも進められるドッグフードの1つといわれます。
おしっこの臭いに対してにおいが少なくなったといわれますが、食いつきが良くないといわれ、整腸作用がある為か便秘になりやすいといわれますので、全てのワンちゃんに合うわけではありません。
飼育しているワンちゃんの体質に合わせて、このドッグフードを食べさせるかどうかを決める必要があります。

ホリスティックレセピーはアメリカで開発されたドッグフードですが、日本で飼育されている犬に合わせて開発されたり、犬のアレルギーに合わせて開発されたりしたので、様々なタイプの犬に使用する事ができ、合成保存料や人工着色料を使用していない無添加のドッグフードなので安心性が高いドッグフードといえます。
食いつきがよいドッグフードではありませんので、食べさせるときは工夫が必要です。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。