1.犬にあげていい物と悪い物を知っておこう!

1-1.なぜ犬にあげていい物と悪い物があるのか

人間は果物で何を食べても身体が悪くなることは少ないですよね。ですが、犬は、果物の中に入っている成分が原因で中毒症状やアレルギー症状を起こすことがあります。なので犬にあげていい果物をしっかり頭に入れておく必要があります。

1-2.食べていい果物は?

バナナ

バナナは消化がいいので、どんな体調の時でも食べることが出来る果物です。さらに便秘解消に効果が出やすい果物でもあります。さらに、白血球を活性化してくれるので、免疫力を高める効果があると言われています。なので、お腹の調子が悪い時やなんとなく食欲がない時に食べさせてあげると回復の助けのもなるのでぜひ試してみましょう。

モモ

モモは香りがいいので、食欲のない時や水分補給をしたいときに活躍する果物です。バナナに続いて整腸作用がある果物で、腸の働きを助けるペクチンを含んでいます。モモはおいしい果物ですが、注意しなければならない事があります。葉や茎、種は犬にとって有害な成分を含んでいるので注意が必要です。よく、モモを切ったあとのごみ箱をあさってしまう犬がいますが、この行動はとても危ないので気をつけましょう。食べさせるときは、1口サイズに切って食べやすくしてあげましょう。

1-3.食べてはいけない果物は?

食べてはいけない果物について説明する前に、なぜ食べてはいけないのかを考えてみましょう。それは、冒頭にもお話しましたが、中毒症状やアレルギー反応を起こす可能性があるからです。該当する果物は何か、しっかり頭に入れておきましょう。

ぶどう・レーズン

ぶどうもレーズンもおなじグループです。かなり高い確率で嘔吐や下痢、腹痛を起こします。これはぶどうに入っている成分が関わっているのですが、明確な成分が分かっていないので特に注意が必要です。最悪の場合、命を落としてしまったり後遺症が残ってしまう時があるので注意しましょう。

アボカド・レモン・グレープフルーツ

アボカドの危険性についてですが、種に危険があるからです。犬はアボカドの種をばりばり噛んでしまいます。噛んでしまうとかなり鋭利な破片になるので喉に刺さったり内臓を傷つけてしまったりと危険です。種を抜いても下痢を起こしやすいので、あげないようにしましょう。
レモン・グレープフルーツですが、刺激の強い柑橘類は酸っぱい成分が中毒症状を起こす原因となっています。みかんのような甘いものであれば問題ないのですが、酸っぱい柑橘類は与えるとけいれんを起こしたり、身体が言うことを効かない等の緊急事態となりますので、絶対に与えないようにしましょう。

1-4.まとめ

犬にあげてもいい果物について「へぇ~」と思う部分が多かったと思います。人間にとっては馴染みのある果物でも犬にとっては害になる物もあるので、しっかり把握してあげるようにしましょう。

【あわせて読みたい参考記事】 → 犬が食べてもいいものってどんなもの?いけないものは?

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。