1、犬の肝臓に良い食べ物について

1−1、手作りのトッピングなどで肝臓に良い食べ物を与えよう

歳をとると、人間同様に犬だって様々な面で不調が出てきます。肝臓もそのひとつ。肝臓はとても重要な役割を果たす器官であり、この肝臓が何かの疾患にかかってしまうと、その犬の健康状態に大きな悪影響を与えてしまいます。ですから、出来るだけ普段から肝臓に良い食べ物を与えるなどして肝機能の低下を防いであげることが望ましいのです。

では、具体的にどんな食べ物が肝臓に良いとされているのでしょうか。実は、人間の肝臓に良いとされているものの多くが犬の肝臓にも良いのです。例えば、ウコン、にんじん、りんご、キャベツ、パセリなどが挙げられます。中でもウコンに含まれている「クルクミン」という成分が肝機能強化や保護の働きをしてくれる素晴らしいサポート食材なのですが、従来のウコンは苦味が強すぎるため犬にはおすすめ出来ません。犬には犬専用のウコンを与えるようにしてください。

これらの食材を茹でてトッピングとして普段のドッグフードに混ぜたり、りんごのようなものならそのままおやつ代わりにしてあげるのも良いかもしれませんね。犬も高齢になるとなかなか硬いものが噛み砕けない場合もありますので、小さく刻んだりすりおろしたり、その子が食べやすいようにケースバイケースで工夫してあげましょう。慣れるまでは少しずつ与え、嘔吐や下痢、体調に変化がないかどうかにも注意して観察するように心がけてください。

肝臓の疾患は、始めのうちはその症状がなかなかわかりにくく、発見が遅れてしまいがち。そういったことも踏まえ、普段から愛犬とのスキンシップを十分に図り、状態を把握するように努めることも飼い主の大切な役割だということを忘れないようにしましょう。

1−2、まとめ・・・

人と同じように、犬も歳をとると様々な面で不調が目立ってきます。特に肝臓を患ってしまうと、体のいたるところに悪影響を及ぼす重要な器官です。この肝臓を健康なまま保つため、出来るだけ普段から肝臓に良いとされる食べ物を与えることが望ましいでしょう。では、犬の肝臓に良いとされている食べ物はいったい何なのか。実は、人間の肝臓に良いといわれているものとさほど変わらないのです。例えば、ウコン、にんじん、りんご、キャベツ、パセリなどが良いですね。中でもウコンが肝臓に良いとされ、ウコンに含まれる「クルクミン」という成分が肝機能の強化や保護する役割を果たすとされています。ですが、人間用のウコンは苦味が強すぎますので、それは犬専用のウコンで対応するようにしましょう。
これらを茹でたり細かくして、普段のドッグフードにトッピングとして混ぜて与えるのもいい方法です。老犬になると歯も弱ってしまって硬いものがなかなか噛み砕けない場合もありますから、りんごなどは摩り下ろしてあげるなどしてその子の食べやすい形態を作るように工夫してあげましょう。初めて与える際は、体調の変化にも注意して様子観察してくださいね。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。