neru5

1.犬に良いドッグフードとは

1-1.犬に良いドッグフード選びで大切なこと

犬を飼っている方は多く、昔と比べると犬種やサイズに関わらず「室内飼い」をしている方が増えているようです。室内飼いのメリットとしては、犬が汚れない、しつけがしやすい、常に目が届く、犬に対する意識や関わり方が密になる・・・などがあるようです。そんな中、愛犬の健康維持に対する意識の向上と共に「ドッグフード選び」についても注目度が高まっているようです。(【参考記事】【小型犬】におすすめの安心安全なドッグフード選びとは?

犬に良いドッグフードとして、選ぶ際のポイントとしてはやはり「成分」です。ドッグフードのパッケージには内容量などとともに成分も記載されているのですが、この部分が不明瞭であるものは避けたほうが無難ですね。また、小麦やとうもろこしなどの「穀物」が含まれているものも避けましょう。

なぜなら、犬は本来肉食の生き物であり、穀物を消化できる体ではないからです。穀物は犬の消化器に大きな負担を与えますし、穀物を取り入れ続けることで涙やけやアレルギー、様々な疾病の原因となってしまいます。ですから、ドッグフードを選ぶ際は「穀物不使用」であることをまず第一に考えると良いでしょう。

1-2.犬に良いとされるおすすめのドッグフードは海外製

こうした点で安心なのは、「海外製ドッグフード」。なぜなら海外は日本と違って犬や猫がきちんと法律で守られていることが多いのです。ですから、ペットフードに関する基準も厳しく定められており、より安心で安全なペットフードが作られていることになるのです。中でも「カナガンドッグフード」には定評があり、ユーザーさんからも高い評価を得ています。愛犬の健康のことを第一に考えるなら、こうしたことを踏まえて正しくドッグフードを選ぶように心がけましょう。値段よりも、まずは成分に注目!忘れないでいてほしいものですね。

【参考サイト】カナガンの公式サイト

 

 

1-3.まとめ・・・

室内飼いが増えることにより、愛犬に対する関わりや意識の向上が見られる昨今。ドッグフード選びにも慎重になっている方が増えています。ドッグフードを選ぶ際のポイントは、なんといっても「成分」。特に小麦やとうもろこしなどの「穀物」がふくまれているものはあまりよくありません。なぜなら、犬は本来肉食の生き物ですから、穀物を消化できる体ではないのです。穀物を摂り続けることで消化器官に大きな負担がかかり、涙焼けやアレルギー、様々な病気を引き起こす原因ともなってしまいます。

こうしたことをきちんと考え、安心、安全、信頼度の高いドッグフードなら、上述したように犬や猫が法律できちんと守られている場合が多い「海外産ドッグフード」をおすすめします。海外は日本と違ってく、ペットフードに対する基準も厳しく定められていますからね、品質の度合いが国産とは異なりますので。そして、こうしたことを踏まえ、犬の健康維持のために、愛犬に与えるドッグフードを購入する様にしてみて下さい。なお、「ドッグフードは市販のままでも安全なの?」という記事でも、国産と海外産の違いについてお伝えしていますので、よろしければこちらも合わせてご参考になさってみて下さいね。

【参考記事】 → ドッグフードは市販のままでも安全なの?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。