1.グリシリジン・アンモニエートについて

 

1-1.保存料や添加物だらけのドッグフード。安全性を一番に考えて購入して

ドッグフードやキャットフードなどのいわゆる「ペットフード」には、様々な保存料、添加物が含まれています。長期間保存するため、そして、在庫管理のため、こうした防腐剤を使用することはある意味仕方のないことかもしれません。ですが、大切なペットの健康と命をしっかり守るため、飼い主さんは出来るだけ高い意識と自覚を持って食事の選択と管理に努めなければならないのです。
保存料や添加物に関する知識を持つということは、すなわち「愛犬の健康を守る」ことにも繋がります。その知識を活かし、ドッグフードを購入する際には成分表をしっかり確認するように心がけましょう。そして、出来るだけ保存料が少ないものを選んであげるようにしてください。

様々な保存料の中に、「グリシリジン・アンモ二エート」というものがあります。これは甘味料の一種であり、私たち人間の食品への添加は認められてはおりません。ですから、その安全性に関しては非常に不明瞭なものでもあるのです。人間の食品への使用はNGで、ドッグフードへの使用は認められている・・・これはおかしなことですよね。ですから、この「グリシリジン・アンモニエート」も安全性は低いと考え、出来るだけ避けるに越したことはないでしょう。

このように、やはり不明瞭なものや、明らかにその危険性が認められているものは、愛犬の健康を害する可能性があると考えるようにしてください。ドッグフードを購入する際は出来るだけ品質が高く、安心、安全なものを賢く選択するようにしましょう。それが大切な家族の一員でもあるわんちゃんの健やかな日々を守ることに繋がっていくのです。

1-2.まとめ・・・

わんちゃんはただのペットではなく、かけがえのない存在です。まるで自分の子供のように大切に育てている飼い主さんが多いでしょう。そんなわんちゃんの食事、出来るだけ新鮮で、安全なものを食べさせてあげたいですよね。
市販のドッグフードは、ある意味危険がいっぱいです。防腐剤、添加物、香料や甘味料・・・小さなわんちゃんの体にそれらが蓄積していくといずれどうなるか。想像してみてください。
現時点において、ドッグフードにこれらの保存料がまったく使用されないということは残念ながら難しいといわざるを得ません。ですから、飼い主さんは出来るだけ自然な素材由来の天然防腐効果のあるものや、保存料の使用が必要最低限に留められているものを選んで購入するように心がけてください。
また、わんちゃんの食事を自分で作るという工夫もよいでしょう。ここ最近は手作りご飯や生食(ローフード)も人気ですから、安全な素材を使って自分で作ってあげるというのもいいですね。
愛犬の健康をしっかり守り抜けるのは、飼い主さん以外にいません。飼い主さん次第でわんちゃんは長生きすることもできますし、逆に病気を引き起こすこにもなるのです。

 

【関連記事】

小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。