1.ゲインズパックンのドッグフードはおすすめなのか?

1-1.ゲインズパックンの特徴は?

a,成分や原材料は?

ゲインズパックンはユニチャームより販売されている小型犬のための半生小粒のドッグフードでございます。今回は「ゲインズパックン小型犬 ビーフ・ささみ緑黄色野菜、小魚入り」を例にとって見ていきます。さっそく原材料や成分値などを見ていくとしましょう。

【原材料】
穀類(トウモロコシ、小麦など)、肉類(チキンミール、ビーフミール、ささみパウダーなど)、豆類(脱脂大豆、大豆粉など)、糖類(ブドウ糖加糖液糖、しょ糖、オリゴ糖)、動物性油脂、ビール酵母、ハーブ、野菜類(にんじんパウダー、かぼちゃパウダー、ほうれんそうパウダー)魚介類(乾燥小魚)、プロビレングリコール、グリセリン、ミネラル類(カルシウム、銅、塩素、亜鉛、ヨウ素、ナトリウム、リン)、乳化剤、保存料、(ソルビン酸K)、PH調整剤(りんご酸、クエン酸)、ビタミン類(A,B1,B2,B6,B12,D,E,K,コリン、パントテン酸)、着色料(二酸化チタン、赤色106、黄色4、黄色5、青1)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

【成分値】
たんぱく質20%以上、脂質7%以上、粗繊維3%以下、粗灰分9%以下、水分30%以下

【エネルギー】
300kcal/100g

ということで早速見ていきましょう。

こちらは穀類が主原料となっているドッグフードだと言うことがわかります。アレルギーの原因となるトウモロコシや小麦などが使われているので、心配です。
基本的にわんちゃんは、体の構造上、動物性たんぱく質が主原料のものが良いとされています。穀類が主原料なものは安価なドッグフードに多いのです。穀類が主原料ですと、アレルギーの原因になるだけではなく、消化吸収なども犬にとっては負担がかかってきます。ですから、動物性たんぱく質が主原料のものが良いとされています。次に肉類ですが、ここではチキンミールやビーフミールなどミール系のものが使われいます。鳥や牛の副産物を使っていると言うことがわかりますが、ヒューマングレードのものなのかどうかが不明なのでここも心配な材料です。半生状態を保持するためにプロビレングリコールを使っていたり、カビなどの繁殖を防ぐためにソルビン酸Kを使用していたりと犬の健康に害があると言われているものも使用されているのでとても注意が必要です。
犬には必要が無い合成着色料も多く使用されています。こちらも健康に害があるので注意が必要となります。
半生タイプなので水分量は30%以下ということで、高めです。水分量が多いと傷みやすいので、開封後は早めに食べてしまいましょう。

b,安心して与えることが出来るか?
こちらの商品は正直胸を張って「安心してワンちゃんに与えられますよ」とは言えません。穀物が主原料の上、合成添加物や着色料など使用しているため、長期間使用していくと健康を害する恐れがあります。

c,グレインフリー(穀物不使用)は?

こちらの商品は穀物が主原料のため、グレインフリーではありません。

1-2.病状・犬種・ライフステージ別に考える

a,内臓系の症状

こちらの商品は穀物主原料ですので、消化吸収に負担がかかり、穀物アレルギーを引き起こしかねませんので、内臓系の疾患を持っているワンちゃんにたいして、何か作用すると言うことはありません。
オリゴ糖配合ですので、腸内環境改善に良いと思われます。

シニア用のラインナップですと、ビタミンEやCを強化してあり、免疫力をあげたり健康維持する作用などが期待できると思います。オリゴ糖も配合してあるので腸内環境改善にも期待できると思います。

b,関節の症状

こちらの商品ではコンドロイチンやグルコサミン、コラーゲンなどの配合が見られませんので特別に関節系の症状があるワンちゃんに対して何か作用することがあることは無いでしょう。
しかしながらシニア用のラインナップはグルコサミンやコンドロイチンなど配合してますのでこちらは、症状の緩和など期待できると思います。

c,皮膚病

穀物主原料のため、穀物アレルギーのあるワンちゃんは皮膚の症状が悪化することがありますので、逆に注意が必要です。皮膚病があるわんちゃんにたいして、何か症状が緩和するようなものが配合されているわけではないので特別に何か良い方向へ作用すると言うことは無いでしょう。

d,犬種別

小型犬、柴犬用などあります。またシニア用などもあります。基本的にはパピー用はなく、成犬以上からでしたら与えられるようです。

1-3.まとめ

評価 1

今回はユニチャームから販売されていますゲインズパックンについて色々と書かせていただきましたがいかがだったでしょうか?
こちらの商品は残念ながらわんちゃんの苦手とする穀物が主原料のドッグフードで、合成添加物や保存料、着色料が色々と使われていることがわかりましたので、今回はこの評価にさせていただきました。
しかしながらこちらをワンちゃんに与えているという飼い主さんの口コミなどを見ると、食いつきがよい、便の改善が見られたなど高評価なものが多く見られました。そして、中にはもちろんお口に合わなかったとか、アレルギーが出てしまったなどと言う声も書いてありました。
ドッグフードを購入して、わんちゃんの体つくりをしてあげるのは飼い主さんです。ぜひわんちゃんの体にあって、健康が維持できるドッグフード選びをしてあげてください。

【参考:愛犬の健康におすすめのドッグフードをお探しならこちらもチェック!】
→ 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。