1、食物アレルギーを持つワンちゃんでも安心して食べることができる低アレルゲンのドッグフードとは?

ワンちゃんが食べた食べ物が原因で起こる食物アレルギーの原因であるアレルゲンとなる可能性が高い食べ物としては、牛肉や豚肉、小麦や大豆、乳製品があります。これ以外にもそのワンちゃんによってアレルゲンは変わってきます、これは人でも同じです。

これらアレルゲンとなる可能性が低い食品をしよして製造されたドッグフードがあります。それがフィッシュ4ドッグです。

フィッシュ4ドッグは食物アレルギーや皮膚トラブルの犬のために開発されたドッグフードで、グレート・デーンの愛犬家だったロバート・エンジェル夫妻がイギリスで開発したドッグフードです。 この夫妻だけではなく、周りの愛犬家やブリーダーの中で食物アレルギーや皮膚トラブルが多いことに気付いた夫妻は獣医師や愛犬家、ブリーダーの協力を得て4年の歳月をかけて完成させました。現在では世界42か国で販売され、世界的なブランドに成長しました。

フィッシュ4ドッグの特徴はアレルゲンとなる可能性が高い食品の中でも最もアレルゲンになる危険が高い穀物が含まれていないグレインフリーのドッグフードということです。犬は基本的に穀物を消化するのが得意ではなく、栄養的にも必ず必要というわけではありません。穀物の中でも小麦は、最もアレルギーになる可能性が高く、消化率も低い食品です。また、トウモロコシは小麦よりも優れていますが、消化が悪く、栄養価も低い食品でボクサーなどの特定の犬種によってはアレルゲンとなります。さらに、最近では、専門家の中には犬の健康問題の主な原因は穀類と炭水化物にあると提唱されています。

フィッシュ4ドッグは消化吸収の良いタンパク質である魚を使用したドッグフードで、人の食品としては絶対に食べない魚の副産物も不使用なので安心して食べさせることができるドッグフードです。副産物は肉でもそうですが、健康に良くないものとされていますので、含まれていないということはドッグフードを選ぶ際の重要なポイントとなります。

フィッシュ4ドッグは、その名のとおり鮮魚を使用したドッグフードです。また、低アレルギーの食材のみを使用しているので低アレルゲンのドッグフードとしては最適といえます。サケ、オーシャンホワイトフィッシュはホルモン促進剤を使用しない消化吸収に優れた安全なタンパク源で肉類よりもタンパク質の消化吸収に優れている食材です。

2、まとめ

飼い主にとってもワンちゃんにとっても食べることは大切なことです。食べることでワンちゃんが苦しんでしまうことほど飼い主にとって心を痛めることはありません。また、どんなドッグフードでもアレルギー症状が出る可能性はありますが、飼い主としてはできる限り安全なドッグフードを食べさせたいと思いますし、そういったドッグフードを選ぶことが飼い主の大切な責務の1つといえます。そのためにも、まずはワンちゃんの体質を理解して、その体質に合わせたドッグフードを選ぶようにしましょう。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。