1、犬がご飯を食べないのにおやつは食べるときの対策

1-1、犬がご飯を食べない理由はひとつではない

うちの犬、ご飯は食べないのにおやつは食べる・・・なんだか最近食欲が落ちてきたような気がして、病気じゃないか心配・・・そんな経験ありませんか?
犬を飼っていると、しばしばこうした悩みを抱えてしまうことがあります。しつけという面でも、犬の食事はとても大切なポイント。犬の性質も理解していなければなりませんし、飼い主がしっかり管理する必要があるのです。

犬がご飯を食べなくなる理由は、ひとつだけとは限りません。考えられる理由としては、1、病気である場合、2、夏バテなど時期的なもの、3、甘やかしによるわがままなどが挙げられます。中でも、おやつは喜んで食べるのに食事になると食べなくなるといった場合は犬のわがままであるケースが多いようです。
この、「ご飯は食べないのにおやつばかり欲しがってしまう」ことを解決するためには、一切おやつを与えないようにする必要があります。普段の食事だけを与えるようにしてください。五分ほどしても食事を食べようとしない場合、食事を片付けてしまいましょう。おやつを欲しがっても我慢させ、根気良く食事だけを与えるようにしてください。そうすることで、犬は諦めて食事を摂るようになります。

これが、明らかに病気のためにご飯を食べないようなケースでしたらきちんとかかりつけの獣医師の診察を受けるようにしなければなりません。病気なのか、わがままなのかの見極めが大切です。普段どおりに元気なようなら病気である可能性は低いと考えて良いでしょう。
また、仔犬から成犬への成長過程で一時的に食欲が落ちることもありますので、普段の様子と照らし合わせて判断するようにしましょう。

犬の食事はその子の健康を左右する大事なポイントですし、しつけといった意味でも好き放題食べ放題にさせるわけにはいきません。飼い主がきちんと管理してあげることが必要なのだということを理解しておきましょう。

1-2、まとめ・・・

犬がご飯を食べなくなる理由はひとつだけではありません。病気である場合もありますし、時期的なものや、成長過程の中で一時的に食欲が低下することもあります。また、ご飯は食べないのにおやつばかり欲しがる場合は犬のわがままであることが多いです。甘やかしすぎておやつばかり与えすぎていると、おやつの魅力を覚えてしまってご飯を食べなくなってしまうことがあります。こうした場合、おやつを与えることを一切やめ、根気良くご飯だけ与えるようにしてみてください。五分ほどしてもご飯を食べないようなら、ご飯は片付けてしまいましょう。こうすることで、犬は諦めてご飯を食べるようになります。
このように、犬がご飯を食べないのが単なるわがままなのか病的な理由からなのか、きちんと見極める必要があるのです。普段どおりに元気があるなら、特に問題はないでしょう。
しつけといった意味でも、犬の食事は非常に重要なポイントですから、しっかり飼い主が管理してあげなければなりません。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。