1.ドクターズダイエットのドッグフードはおすすめなのか?

1-1.ドクターズダイエットの特徴は?

a,成分や原材料は?

ドクターズダイエットは使用している全原料を表示し、着色料を使っていない点が特長です。
しかし、その原料を見てみると、トウモロコシやポークミール、フィッシュミール、動物性油脂が使われていることがわかります。こちらは犬にとっては好ましくない原料です。下記にて詳しくお話しします。

b,安心して与えることが出来るか?

ドクターズダイエットの原料にも含まれるポークミールやフィッシュミール、動物性油脂には特に注意が必要です。〇〇ミールというのは、食肉用の動物から食肉部分を取り除いたもので、病死した動物の肉や血液、羽などが含まれていることがあり、正確に何が入っているのかわからない危険なものです。また、動物性油脂も同じく、何の動物からとれたかわからない油です。さらに、動物性油脂は酸化・劣化しやすいため、保存料や酸化防止剤を多く添加される場合が多いとされています。
このように何が入っているか不透明な原料が主原料になっているため、必ずしも安全とは言えません。

c,グレインフリー(穀物不使用)は?

ドクターズダイエットの主原料をみてみると、「トウモロコシ」になっています。つまり、ドクターズダイエットはグレインフリー(穀物不使用)ではありません。特にトウモロコシは本来肉食の犬にとっては消化が困難な上、アレルギーになりやすい原料として有名です。

1-2.病状・犬種・ライフステージ別に考える

a,内臓系の症状

腸内最近のバランスを維持するために、フラクトオリゴ糖が配合されています。フラクトオリゴ糖は消化されずに大腸まで到達し、ビフィズス菌を増やしてお腹の調子を整えます。腸内が整うと内臓系の病気にかかりにくくなるとも言われています。

b,関節の症状

ドクターズダイエットの「ライトカロリーエイド」というシリーズにはグルコサミンが配合されているため、関節の健康への効果が考慮されています。

c,皮膚病

ドクターズダイエットのの「スキンケア」シリーズには健康な皮膚をサポートするためにEPAやDHA、亜鉛アミノ酸複合体が配合されています。

d,犬種別

ドクターズダイエットには犬種ごとに分かれたシリーズ展開はありません。年齢に合わせて選んであげましょう。

e,ライフステージ

ドクターズダイエットには「幼犬用」「成犬用」「高齢犬用」の3種類に分かれています。年齢に合わせて必要な栄養素が取り込めるようになっています。

1-3.まとめ

評価2

ドクターズダイエットは何といっても「動物病院専用ドッグフード」という点が他と差別化されています。
しかし、原材料をみてみると主原料に犬の消化に適さない穀物(トウモロコシ)が使用されていたり、内容が不明確なミール類を使用している点が気になります。
与える際にはこの点を踏まえて注意してあげましょう。

【ドッグフード選びの参考記事】
→ 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。