1、知っておくと間違いないドックフードの選び方

nagaikifood

1-1、ドックフードを「厳選」しよう。

可愛いワンちゃんのためにドックフードを選ぶ時、何か「基準」を持っているでしょうか?ただ、単純にワンちゃんが喜ぶ、というだけで餌の与え過ぎは要注意。飼い主に陥りがちなことの一つに「犬の生活習慣病」ともいえる、太り過ぎなどになってしまう餌の与え方があります。これは、つい餌をねだるワンちゃんが可愛いこともあり、餌を与え過ぎてしまう、ということから病気の原因になってしまいます。また、缶詰タイプの贅沢な餌を与えてしまい、それを喜ぶために習慣になってしまう、ということも十分に考えられます。この点は飼い主の方が餌の与え方を十分に調整することが良いでしょう。

 

また、少し運動不足になってきた、などでワンちゃんが太ってきたら、ダイエット用の餌を併用するようにしておくことをおすすめします。餌を替えた場合、食いつきが悪くなる、などが考えられますので、十分に空腹にさせて、餌の食いつきを良くさせるなどの工夫をしてください。多少、運動させるなどさせて、食いつきをよくさせることで、ダイエット用の餌も食べてくれるようになります。

 

上手に間食をさせてあげよう

現在、ドックフードの種類も多く、犬種によって与える餌も複雑になってきました。飼い主の中にはあまり餌を拘らないで飼い犬に与えている、という方もいるかもしれません。しかしドックフードの選び方としては、上手に飼い犬に間食させてあげるような餌の与え方がポイントになります。何かご褒美に多少、贅沢な餌を与えてあげることは、飼い犬にとって大きな喜びとなります。このためには、「何が喜ぶのか?」ということを、御自身のワンちゃんのことを、良く知ることが必要です。

 

また、ついねだられるから、という理由で甘やかして与え過ぎてしまうと、普段の餌の食いつきが悪くなってしまうため、要注意です。間食をさせる時も、ちゃんと家のルール、家族のルールを守った、という御褒美として、管理して与えるようにしてください。

 

年齢ともに餌の種類や量にも注意

可愛いワンちゃんに長生きしてもらうためには、年齢や犬種によっても餌の調整をするようにしてください。つい、ドックフードの選び方を安いものから選んでいる、ということでは病気になる可能性が高くなってしまいます。また、「若い時と同様に餌を与える量を同じにしている」などが続いてしまうと、ワンちゃんにとっても負担が大きくなってしまう、という可能性があります。この点は、しっかりと管理して、飼い主の方がワンちゃんの状況に合わせて調整して餌を与えるようにすることがポイントです。(【参考記事1】子犬のご飯選びのコツ!食べてくれなくて心配のアナタへ。、【参考記事2】老犬用ドッグフードについて知りたい!いつから?おすすめは?

 

ある程度、飼い主の方が餌の調整をして与えるようにすれば、それで飼い犬が病気になるリスクはかなり減らすことができます。特に年齢とともに餌の調整は多くの方があまり意識していないポイントですがとても重要です。ドックフードの選び方と合わせて、餌の量も工夫できるように工夫をされることが良いでしょう。

 

1-2、まとめ

以上、ドッグフードの選び方のポイントと選び方で影響が出る症状についてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?改めてお伝えするまでもないかと思いますがごはんは大切です。「毎日」「体内」に摂取するものですからね、カラダに一番の影響をもたらす要素と考えるべきだと思います。だからこそ、そんなごはん選びが健康に過ごすための一番大切な要因となってくるといえるでしょう。長く、元気で、健康的な毎日をワンちゃんと過ごすためにも、ぜひドッグフード選びにはこだわってみて下さいね。なお、ごはん選びでお困りの際は、こちらの 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング記事もぜひご参考になさってくださいませ。

 

【参考記事】 → 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。