gohansiro

1.犬は白米を消化できるんです。

1-1.白米は安全性が高い。

今では愛犬の手作り食が広まり、犬用のご飯のレシピがたくさん誕生しています。普段から白米を食べさせている飼い主さんも多いと思います。私の愛犬は、お釜に顔を突っ込んで食べているくらいです(笑) ですが、犬は肉食だから、お米を食べさせていいのかという疑問も出てきます。そんなに深く考えなくても大丈夫です。焚いてあるご飯であればお腹を壊しにくくなるので、焚いてあれば大丈夫なんです。

販売されているフードには子犬用、成犬用、老犬用とありますが、原材料の表記を見ると、原材料としてお米が含まれているフードも多いんです。
ご存知の飼い主さんもいらっしゃるかと思いますが、お米は犬にとって「消化しにくい食べ物」と言われています。なのに、安全性の高い健康趣向のフードに使用されている理由が気になりますね。

犬にとってのお米を食べるメリット・デメリットですが、お米は小麦粉など別の炭水化物と比べてアレルギーが起こりにくいとされています。さらに、アンチエイジング、ガン予防なども出来ることが分かってきていて、積極的にお米を食べることはいいことでもあるんです。昔は犬にとって必要ないと考えられていたお米は、今では健康を保つ上で必要な栄養素の1つに数えられています。

1-2.手作り食とお米について

健康志向の中で今急速に広がっているのが、飼い主さんが作る手作りフードです。
私は栄養バランス良く作ることが出来ないので作ったことがありませんが、例えば、今まで手作り食しか食べていない犬が、病気や老齢で手作り食しか受け付けない、アレルギーがあって特定の食べ物しか口に出来ないなどの理由があれば、手作り食のメリットはあります。

大切な家族が食べるものだから安全にこだわりたい、添加物を出来るだけ避けたいなど、たくさんの理由がありますよね。市販のフードならば、栄養素はきちんと計算されて作られていますが、手作りごはんで、脂肪・タンパク質・炭水化物をバランス良く毎日食べさせ続けることは、想像以上に大変です。ここでお米が犬にとってよくないと思っていると、炭水化物が極端に少ない手作りフードを知らず知らずに与えている可能性もあります。もし、炭水化物を避けている飼い主さんがいましたら、お米はぜひ食べさせてあげてほしい食材です。

1-3.まとめ

日本古来から食卓の中心にある白米。今では犬の身体にも必要な大切な食材となっているのです。「炭水化物だから危険」でなく「アレルギーにの出にくい安全な食材」として、これからぜひぜひ取り入れたい食材です。

【関連記事】

アレルギー用のドッグフードを選ぶ際の3つのポイントとは?

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。