1、犬とさつまいもの関係って?

1-1、さつまいも

さつまいもは食物繊維がたっぷりです。そして犬用のおやつでも、さつまいもが原料のおやつが売られています。犬も大好きなさつまいもを愛犬に与えたら消化不良を起こしたという話もあります。では、犬にさつまいもは与えても問題ないのでしょうか?それとも与えない方がいいのでしょうか?

さつまいもの主な栄養価

炭水化物。
でんぷんが豊富でビタミンC,食物繊維をたくさん含んでいて、タンパク質の割合は低い。
ビタミンCは過熱しても壊れにくい。

犬が必要な6大栄養素はタンパク質・炭水化物(糖質と食物繊維)・脂肪(脂質)・ビタミン・ミネラル・水となっており、そのうち最も重要な3大栄養素はタンパク質・炭水化物(糖質と食物繊維)・脂肪(脂質)です。さつまいもは低タンパクですが、犬にとってタンパク質は良質な肉から摂った方がいいと言われていますのでさつまいものタンパク質が低くても問題ありません。そして炭水化物というのは腹持ちもよく、体内で糖質と繊維質に分解され糖質は血中で血糖(グリコール)として存在し各組織のエネルギー源となり、繊維質は消化器の維持に役立ちます。ただ繊維質は多すぎると便秘や消化不良を起こします。

これらの栄養面で考えると適度な量のさつまいもというのは犬にとって非常に良い食べ物という事が分かります。

 

1-2、さつまいもの与え方

さつまいもは犬の体に良い食べ物というのはお分かりいただいたと思います。
ただ与え方に注意が必要です。本来犬は肉食です。最近は雑食と言われますが、祖先は肉食だったのです。ですから必要以上に野菜を与えるのはよくありません。特に食物繊維は多すぎると消化不良を起こしてしまいます。

与えるときは、

  • 必ず火を通す(煮る・蒸す)
  • 1口サイズにする(細かく切る・ペースト状にする)
  • 量を考える(人間のほんの1口サイズでも犬にとっては大きな量です)
  • 手作り食の時はしっかりとした良質のたんぱく質(肉)を同時に与える事
  • 食事のトッピングとして与えるなら少量にしてフードを少し減らす事

これらが必要になります。

 

1-3、まとめ

一度、さつまいもを与えて消化不良を起こしてしまった場合、翌日以降は様子を見ながら量を減らして見ましょう。与えているさつまいもの量が多すぎる可能性があります。
おやつとしてさつまいもをほんの少し与えるのは、添加物だらけのジャーキーを与えるよりも健康にはとってもいいです。そしてさつまいもは冷凍も出来ますので茹でたさつまいもを細かく切ってから冷凍しておき、愛犬に与えるときに電子レンジに掛ければ手間がかかりません。
最初はほんの少しずつから与えてみて便の様子を見ながらさつまいもを与える際の適量を見つけ出してくださいね。

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。