1、犬のごはんのトッピングについて

1-1、トッピングは自由に変えてみよう

犬のご飯にこだわる飼い主さんが増えています。昔は人間が食べたご飯の残りを与えていた・・・なんて時代もありましたが、今では犬の体の構造や、本来の食性をきちんと活かした食事を与えることが犬の健康維持に繋がると考えられ、ドッグフードやトッピング、サプリメントなど、様々なものが存在しています。
中でも生食(ローフード)は犬の食いつきをよくすると好評で、手作りのご飯を与えている飼い主さんが少なくありません。

とは言いましても、いきなりご飯を全部生食に切り替えるのは少し不安が残る、手間がかかって毎回は難しい。そんな声が聞かれるのも事実。そういう時は、朝晩二回の食事のうち、どちらか一回を生食にしてみたり、トッピングを変えてみたり混ぜ込んだりしてみるというのも方法としてはおすすめです。今までドッグフードしか食べたことがないという犬の場合、いきなり生食にしてしまうと戸惑ったりお腹を壊してしまうという可能性もありますので、まずは小量の生食をドッグフードに混ぜ込み、少しずつその割合を増やしていきながら様子を見るようにしてください。

生食(ローフード)は、オオカミを祖先に持つ犬のもともとの食性(肉食)に最も近く、食いつきが悪い子や肥満傾向の子に適していると言われています。もちろん、この方法がすべての犬に通じるかというとそれはもちろん個体性があるので一概には言えません。朝晩のトッピングを変えることで食いつきが良くなる子もいれば、もちろんその逆も当然あります。こうしたことを踏まえながら、生食のメリットを活かして普段の食事に取り入れるということも「犬の食いつきの改善」には大いに必要なことだと言えるでしょう。ご自分の愛犬に合わせ、色々工夫してみてくださいね。

1-2、まとめ・・・

犬の食事にこだわる飼い主さんが非常に増えており、巷には、犬の体の構造やもともとの食性を活かした形態の食事、トッピングなどがさまざま存在しています。食事を工夫することで犬の健康維持に繋がり、食いつきの改善も望まれると考えられているのです。また、生食(ローフード)はオオカミを祖先に持つ犬の本来の食性に最も近いとされ、生肉を加えた手作りご飯を与える飼い主さんも多いのです。
生食をトッピングとしてドッグフードの上に乗せたり、小量を混ぜ込んだり・・・そうすることで犬の食いつきが良くなるとも言われています。毎食手作りするのは大変だ、という場合、一日二回の食事のうちどちらか一回を生食にしたりトッピングにしてみるという方法もおすすめです。
もちろん、その子その子で違ってくるということは言うまでもありません。この方法が絶対良い!とは一概には言えないのです。朝晩でトッピングを変えることが良いという場合もあれば、小量を毎回混ぜ込んで与えることで食いつきが良くなるという場合もあるでしょう。飼い主さんが、自分の愛犬に最適な方法を見つけることが出来れば一番良いのではないでしょうか。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。