1、犬に必要な栄養素は

1−1、危険な食べ物に気をつけて、犬にも六大栄養素を!

人間に必要な栄養素を「六大栄養素」といいますが、犬も哺乳類なので、必要とされる基本的な栄養素は人間とさほど変わりはありません。具体的に挙げていきますと、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、水などが犬にとっても必要だといえます。これらすべてを飼い主さんが手作りのフードで補おうとするとかなり難しいのでは。ですから、愛犬に必要な栄養素をすべてバランスよく満たした食事を与えるなら、安心で安全な品質の高いドッグフードをメインに与えることが望ましいでしょう。
とはいいましても、手作りのご飯にも魅力がたっぷり。飼い主さんがひと手間かけることで犬の食いつきにも大きな変化が現れるようですから、一日二回の食事の内、一食は手作りのご飯にしてみたり、トッピングを作るというのもいいかもしれません。
ですが、手作りのご飯、トッピングに挑戦するときには「犬に与えてはいけない食材」についてある程度の知識が必要ですから、きちんと頭にいれておくように心がけて下さい。

犬に与えてはいけないものは実にたくさんあります。例えば、チョコレートやカカオは犬にとって嘔吐や下痢の原因になりますし、ぶどうやレーズンは腎機能障害を引き起こす可能性があります。キシリトールはガム一枚でも低血糖を起こし、最悪の場合死に至る可能性も。その他、ネギ類、魚介類、ナッツ類などなど、様々なものが挙げあられますので覚えておくと良いかもしれませんね。

また、食事を与える際はその子の体型や年齢などもきちんと考慮しながら個々に合った形態、量を考えてあげることが大切だということも忘れないようにしましょう。

1−2、まとめ・・・

犬にとって必要な栄養素とは一体どんなものなのか?犬も哺乳類ですので、必要な栄養素は私たち人間とさほど変わりはありません。具体的に挙げていくと、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、水などでしょう。これらをバランスよく与えるためには、やはり品質が良くて安心、安全性の高いドッグフードが最適です。また、一日二回の食事のうちの一回を手作りのご飯にしたり、トッピングやふりかけを作ってみるのもいいかもしれません。手作りのご飯やトッピングは犬の食いつきに良い変化をもたらしてくれますので、挑戦してみてはいかがでしょうか。
その際、「犬に与えてはいけない食材」に十分気をつけるように心がけてください。犬にとってよくない食材はたくさんあるのですが、例えばチョコレート、カカオ、ぶどう、レーズン、キシリトール、ネギ類、魚介類等が挙げられます。少量でも死に至る場合もありますから、手作りをする際は十分に気をつけるようにしてください。
また、犬に食事を与える際は、その個々に合わせた食事にしてあげるということもとても大切なポイント。体型や年齢に合わせて量や形態を調整してあげることも飼い主さんの役割ですから、その子に合ったスタイルを模索してみてください。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。