1.犬のかゆみの原因と対策は?

1-1.犬のかゆみはドッグフードが影響?

犬が体をかゆがっている場合の原因とは何でしょう?

  • ノミやダニがいる
  • 皮膚が乾燥している
  • アレルギー症状が出ている

このような原因が考えられますが、ノミやダニの駆除を行っている場合に、犬が皮膚をかゆがっている場合は、アレルギー症状を疑う必要があります。アレルギー症状でアトピー性皮膚炎を起こしているかもしれません。
このアレルギーは多くの場合“ドッグフードが影響している”と考えられます。

食物アレルギーには、食後から

  • 30分ほどたってから表れるアトピー性皮膚炎、
  • 24時間ほど経ってから表れる接触型アレルギー

などがあります。
アレルギーとは、体が免疫異常を起こし何らかの物質に対して体内で攻撃をしてしまう事です。アレルギーを起こす場合はその物質(アレルゲン)を特定し、愛犬の生活から遠ざけなくてはいけません。病院の血液検査でアレルギーを調べる事も出来ますが、時間が掛かるうえに少々値段が掛かります。そこで、飼い主さんが一番手軽にできる方法としてはフードを変えてみるという事があります。

(【参考】→ 同じフードの長期使用は危険!?「餌の見直し」してますか?

 

花粉症と同じで、今までは大丈夫だったのに突然症状が出た!というのがアレルギーです。犬がアレルギーを起こしやすい食材の順番として、牛肉・乳製品・鶏肉・小麦・大豆・ラム肉・卵・トウモロコシなどがあげられます。

 

1-2.どんなフードがいいの?

フードを変えてみる場合には、これらの材料が使用されているかどうかを確認しましょう。ただ、牛はダメでも鶏は大丈夫という事もありますので、サンプルや少量パックを買って試すのもいいかもしれません。魚類のフードは比較的アレルギーが出にくいですが、犬にとって肉類のタンパク質が健康には欠かせないので出来たら肉類のフードを選んであげて下さい。どの肉にも反応してしまう場合などには、魚類をメインとしたフードや、アレルギーが出にくいフードというのも販売されていますので、大型のホームセンターか動物病院で購入する事も出来ます。

あとは、添加物の少ないフードに変えたらアレルギー症状が緩和したというケースもあります。

添加物の大量摂取がアレルギー症状を引き起こすとも言われています。添加物は本来、入っていなくてもいいものです。ドッグフードの日持ちをさせるための酸化防止剤、着色料、食いつきをよくするためのフレーバーなど何が使用されているかよく原材料を確認しましょう。そして添加物が使用されている場合は、天然由来のものがメインで使用されているものを選びましょう。

(【参考記事】→ 初めての無添加ドッグフード。選び方と重要性をまとめました。

 

1-3.愛犬のかゆみのまとめ

愛犬が体をかゆがっているのはとても可哀想です。かきむしると毛が抜けたり傷がついたりして二次感染したりと更にひどい状況になってしまいます。そのような事がないように、体が赤みを発していないか、体をかゆがっていないかを普段からチェックしてあげて下さいね。酷い場合には自己判断せずに動物病院で処置してもらい、アレルギー検査を行う事が重要です。

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。