img.ins

1.犬のフードの切り替え時期とドッグフードの選択の重要性

愛犬の食欲が落ちると、心配になりますよね?特に小型犬などは体も小さいので余計に心配になってしまうのではないでしょうか?どんなに大事にしている愛犬であっても、犬は話せないので、何が問題なのか、飼い主さんが的確に見抜いてあげることが重要になってきますが、普段のフードを見直してみたとき、一体何がダメなのか?が、よくわからないことも多いものです。そこで、国産のフードをあれこれ変えてみてもいいのですが、一度、国産のフードから、“全く違うものに切り替えてみる”という手があります。

1-1.食事は切り替えが必要

大体の生物は食事が必要になります。食事をすることで大きくなることがありますので、成長するにあたり食事は変わっていくことでしょう。ですから、食事の切り替えは重要です。正しく切り替えをすることで必要な栄養を獲得することができ、身体を丈夫にすることが出来ます。

 

1-2.犬のフード切り替え時期について

犬のフード切り替えは基本的なところとしては2回です。ただし、それ以上の切り替えをする場合もありますので注意です。ですが、大体2回の切り替えはしないといけないのでよく考えて犬のフードを選ぶようにしましょう。
一度目の切り替えは成犬になる時です。

今まで子供のドッグフードを与えていたはずなので大人のためのドッグフードに変更する必要があります。犬の成長に合わせたドッグフードを選択することで健康的な身体にすることが出来ます。ちなみに、ドッグフードが合うか合わないかで結構異なります。場合によってはこの時期にドッグフードの選択が難しくなることもありますので、しっかりと考えてドッグフードの選択をするようにしましょう。ちなみに、後々切り替えたドッグフード以外のものになることもあります。

二度目は老犬になることで切り替えが必要になります。

老犬になれば、今まで食べていたドッグフードではあまり良くない場合があります。特に栄養加担になったり、身体にかなり負担をかけたりすることがありますので、その時に変更をする必要があるかもしれません。ただし、老犬になってもある程度ならそのまま食べ続けることが出来る場合があります。ですが、徐々に食べることができなくなりますのでその都度適切なドッグフード、あるいは食べ物を与えていくようにしましょう。

 

1-3.時期以外のフードの切り替えについて

適切な時期に切り替えをするのが一般的ですが、他のタイミングでも変更をしないといけないので注意です。

<体の成長に伴って>

体の成長に伴って食事を変える必要があります。そのため、ドッグフードが合わないという場合もありますので、適切なタイミングで変えていくようにしてください。

<病気を考えて>

病気になればフードの切り替えが必要になります。病気に合わせたものに変更しないとフードのせいで病気を誘発させることがありますので変更が必要な場合があります。また、栄養不足を回避するために変更をする場合もありますので適切な切り替えをするようにしてください。

<体調をかんがみて>

体調の状態をみて変更をする場合もあります。特に栄養の偏りは注意が必要で、偏っていると一方が弱くなり病気になりやすくなります。それをサポートするためにドッグフードの変更をすることがありますので変更をしましょう。場合によっては1日ごとに変更をすることもありますので、適切な栄養を与えるようにしてください。ちなみに、栄養価を考えて複数のフードを与えていくのも良いので、うまくドッグフードの選択をするようにしてください。そうすれば、健康へ良い影響を与えることができますので。

 

 

 

2.切り替え時におすすめのフードは?

以上、ドッグフードの切り替えの重要性につていお伝えしてきましたが、最後に、切り替え時におすすめのドッグフードについても合わせてお伝えしていきたいと思います。ドッグフードの切り替え・見直し時におすすめなのが、カナガンです。で、なぜカナガンが良いかというと以下のようになります。

 

2-2. カナガンのよいとされているところ

では、カナガンというドッグフードは、どんなところがよいのでしょうか。まず着目すべき点は、イギリス産である、という部分です。それだけでも、今までの国産のドッグフードとは全く違いますが、では、どんなところが違うのでしょうか。カナガンは、まず、国産のドッグフードによく配合されている、穀物を一切使っていない「グレインフリー」にこだわっています。穀物は犬の体によくないとされており、その理由として、消化が悪いこと、犬にとって大切な栄養素であるたんぱく質の吸収率を阻害してしまうこと、があります。そして、カナガンは、骨なしチキンを使用しているところが国産のドッグフードとの大きな違いで、国産のフードのたんぱく質の種類には様々なものが使われているのですが、カナガンはチキンのみを使用しています。また、無添加にこだわっており、合成添加物も使用していません。これらの部分が、国産のフードとだいぶ違っているところです。

 

2-2. カナガンは犬の食いつきがよくなると評判

愛犬の食欲があまりなかったり、食いつきが悪くて、フードの切り替えを検討中の人にとって最も注目すべきなのが、カナガンは犬の食いつきがよくなる、という点です。犬のフードを切り替えるときというのは、いきなり全く違うものに切り替えてしまうと、食べたくない、と頑なに食べないことも多いですが、カナガンは、切り替えた飼い主さんの多くが、愛犬の食いつきがよくなった、と高評価をしています。その理由としては、味や匂いもそうですが、粒の大きさなども関係しているようで、カナガンは割と小粒なタイプです。あまりにも粒が大きいと犬は非常に食べにくく、食べにくいと食べたがらない、といった悪循環が生まれるものですが、カナガンはその点で、犬の食べやすさにも配慮しているというわけです。また、味や匂いも無添加ならではなので、今まで合成添加物などでうまく味付けされている国産のドッグフードにばかり慣れていた場合には、一度気に入ると、とても食いつきがよくなるようです。

愛犬の調子がよくなかったり、食欲がなかったりすると、すぐにフードを切り替えることを思いつきますが、その場合には、国産のドッグフードをあれこれ試してみるよりも、一度、カナガンのような全く違った、犬の体に優しいフードに切り替えてみるのも、愛犬の健康にとって良いでしょう。

 

 

3.まとめ

以上「犬のフードをうまく切り替えるには?食いつきの良いフード選びを!」というテーマでお伝えしていきましたがいかがでしたでしょうか?ワンちゃんのライフステージや症状に合わせて上手にごはんの選択をアレンジしていくのは、ワンちゃんの健康を考えた時に非常に重要になってきます。ワンちゃんに元気にいてもらいたい、そう思う方こそ、ぜひごはん選びにはこだわってみて下さいね!

 

【この記事でご紹介したドッグフード】『カナガン』の公式サイトはこちら

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。