1.ドッグフードの生タイプの選び方

ドッグフードにはと生タイプ、半生タイプと販売されています。総合栄養食として販売されているこれらのフードは犬の食事として与えても問題ありません。
生タイプのドッグフードを与えたい場合にはどのように選べばいいのでしょうか。
「保存料や着色料が入っていない」ものを選ぶことが大前提です。

1-1.ドッグフードの生タイプ

ひと昔の生タイプのドッグフードは、廃棄されたような肉の使用、腐らせないための人工保存料、飼い主さんが見た目に美味しそうと感じるための着色料がたくさん入っていたドッグフードが多くありました。ただ、現在愛犬に質のいいものを食べさせたいと飼い主さんの意識が変わり、メーカー側も食材にこだわったドッグフードを作っているのが現状です。それでも、安いドッグフードを選ぶ飼い主さんも居る事から、安い原材料で作ったフードを販売しているメーカーもある事は事実です。生タイプのフードは腐りやすいために保存料や着色料などが、ドライフードに比べて多く使われていますので人工保存料や着色料が使われていないフードを選びましょう。

1-2.生タイプのドッグフードの注意点

生タイプを与える際に気をつけたい注意点がいくつかあります。

歯石がつきやすい

ドライフードと違って生タイプは歯石が非常につきやすいので歯ブラシをこまめに行う必要があります。

噛むことが少ない

ドロッとした生タイプは丸飲みしやすいので犬は顎を使う事が少なくなります。「噛む」という行為は脳の活性化・唾液の調整・歯や顎の強化に繋がりますが生タイプは噛むことが少なくなりがちです。遊びやオヤツで「噛む」事をさせてあげましょう。

カロリーオーバーしやすい

ドライフードに比べるとカロリーの多いフードが多いです。生タイプは食いつきもいいためについつい多めにあげてしまいカロリーオーバーになる事も!愛犬が肥満にならないように必要な適量をしっかり守ってあげましょう。

お腹を壊しやすい

犬によっては、生タイプのドッグフードにお腹を壊す事があります。当然、生タイプの種類にもよりますので愛犬にあった生タイプのドッグフードを選んであげましょう。

1-3.まとめ

食いつきもよく見た目も美味しそうな生タイプのドッグフードを選ぶ、与える時には注意点が必要です。特に生タイプのドッグフードの1食分はドライフードよりも高額になりがちなので安い缶詰やパウチに目がいってしまいますが、必ず原材料の記載や、ホームページでメーカーのページを見てで良質なドッグフードを選んであげましょう。

 

【参考ページ】

小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。