1. ドッグフードは人間が味見しても大丈夫?

愛犬が日ごろ食べているドッグフードってどんな味がするのかな?と興味本位でドッグフードの味見をされたことがあるという飼い主様は意外と多いのではないでしょうか。人間がドッグフードを味見するのはおすすめできません。人間がドッグフードを味見する場合、大きな問題点が2つあります。

1-1. ドッグフードの安全基準は?

現在さまざまなドッグフードが発売されています。「家畜用飼料の安全基準で作られている」安価で低品質なドッグフードから「人間が食べられるレベルの食品安全基準で作られている」高価格で高品質のドッグフードまで、メーカーが考える安全性はさまざまです。犬の食の安全について考える時代になったとはいえドッグフードの基準は非常に甘く、人間が摂取することが禁止されている危険な畜肉副産物・鶏肉副産物(チキンミール・ポークミール・ミートミール)や有害な酸化防止剤・防腐剤・保存料・香味料・着色料などを使用しているドッグフードも少なくありません。ドッグフードが高品質かどうかを判断する材料として値段や「スーパープレミアムドッグフード」という名称はあまりあてになりません。一番確かなのは、ネットでホームページを検索してメーカーのポリシーや商品情報をチェックすることです。まず、今愛犬に与えているドッグフードの情報を確認してみてください。

愛犬に与えているドッグフードが「人間が食べられるレベルの食品安全基準で作られている」高品質のドッグフードの場合は、味見程度でしたら問題はないでしょう。ただそうはいっても、ドッグフードは人間の食べ物ではありません。あくまでも人間が食べられるレベルの食品安全基準で作られているという話で、人間のために作られているわけではないのです。

愛犬が美味しいドッグフードを食べているのか心配で味見される飼い主様もいらっしゃるかもしれませんが、犬の味覚細胞は人間の6分の1しかありません。犬が感じることのできる味覚は限られていて、食べ物のうま味というのはほとんど感じることができないのです。人間と犬の嗜好は違いますので、実際に飼い主様が味見してみたところであまり意味がない行為だといえます。

1-2. ドッグフードは犬の健康を考えて作られています

ドッグフードの原材料をチェックしてみると一見人間の食事と同じような原材料が使われているようにも思えますが、大きな違いがあります。それは栄養バランスです。犬はもともと肉食動物ですから炭水化物や野菜をほとんど必要としません。犬が必要とするのは、豊富な動物性たんぱく質です(安価なドッグフードでは、植物性たんぱく質が使われることが多いようですが)。犬にとって必要な栄養をベストなバランスで配合して作られているのがドッグフードです。味見が少量であれば害がないとはいえ、もし人間がドッグフードだけを食べ続けるようなことをした場合は、体に何らかの悪影響が出る可能性も考えられます。

1-3. おわりに

皆様が愛犬に与えているドッグフードは「人間が食べられるレベルの食品安全基準で作られている」高品質のドッグフードですか?残念ながらそうではないドッグフードを与えている場合は、この機会に安心して愛犬に食べさせることができる高品質のドッグフードに切り替えてみてはいかがでしょうか。

ドッグフードの味見は、おすすめはできません。どうしても興味があるようでしたら一粒二粒くらいなら良いと思いますが、くれぐれも常習化しないようにしましょう。

 

【参考】→ 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。