1.ドッグフードは穀物不使用のものを

1-1.ドッグフードは穀物不使用のものを選んで安心

ペットブームとも言われる昨今、犬や猫を飼う人が増えています。中でも小型犬ブームはここ数年目覚しく、犬を家族の一員として大切に育てる意識の高い飼い主さんが多いようです。そんな飼い主さんにとって、犬の食事、ドッグフード選びはとても重要なポイント。より品質の良いものを安心して食べさせてあげたい、食事の面から愛犬の健康をサポートしてあげたいものですよね?ですがそうはいっても、巷には実に様々なドッグフードが存在しています。「○○犬用」、という風に犬種ごとに分かれていたり、子犬用、成犬用、老犬用という風に年代ごとに分かれているものもあり、どれを選べばいいのか迷ってしまうこともあるかと思います。
そこで、ここではどんなドッグフードを選べばいいのか?を述べていきたいと思います。

 

1-2.ドッグフード選びは成分を確認

ドッグフードを購入する際は、まず「成分表」をチェックしましょう。この欄に、とうもろこしや小麦などの「穀物」が含まれているものは避けるようにしてください。なぜ穀物がいけないのか?といえば、犬はもともと肉食の生き物であるため、穀物をきちんと消化出来るような体の構造にはなっていないのです。ですから、穀物を摂り続けることで犬の消化器、胃腸には大きな負担がかかり、アレルギーや涙やけ、その他の様々な疾病のリスクを高めてしまうことになるのです。こうしたことをきちんと理解した上でドッグフードを正しく選んでいく必要があるのです。また、犬はとても繊細で敏感な生き物ですから、香料、人工添加物などが含まれていると食いつきが悪くなるというケースもありますので、より注意が必要です。そうした面をきちんと考慮しながら作られているおすすめのドッグフードの多くは「海外産ドッグフード」です。

 

1-3.海外産ドッグフード・自然はドッグフードがおすすめ

海外は日本と違って動物がきちんと法律で守られており、ペットフードの品質管理も徹底して行われております。海外産ドッグフードは高品質で安心・安全なものが多く、鮮度にもこだわって作られているためにホームセンターなどでは購入出来ない場合があります。人気の高い海外産ドッグフードは主にネットからの通信販売になっていますから、専用サイトを覗いてみると良いでしょう。また、無香料、無着色、人工添加物不使用、オーガニックなど、自然派ドッグフードもいいですね。なお、基本的に犬は犬種やライフステージ(年代ごと)で食事の内容を大きく変える必要はありません。強いていうなら量を調整してあげるくらいでしょうか。ですから、ドッグフードを選ぶ際は全犬種、全ライフステージ対応のドッグフードを選んであげることで長く食べ続けることが出来るでしょう。こうしたことをしっかり理解しておくことでドッグフード選びでの失敗を防ぐことが出来るでしょう。値段や量で判断するのではなく、その品質や成分に注目して正しく選択すること。そうすることで愛犬の健康を守ることができるのです。

1-4.他にも

愛犬の健康管理、まずは食事から言っても過言ではありません。定期的にドッグフードについて見直しを検討することも大切なことです。

 

1-5.まとめ・・・

以上、「ドッグフードを選ぶなら「穀物不使用」の安全なものを!」というテーマでお伝えして来ましたがいかがでしたでしょうか?巷には実に様々なドッグフードが存在しますが、選ぶ歳のポイントは値段や量ではありません。ドッグフードの成分に注目してください。穀物が含まれているものは犬の体に大きな負担を与え、様々なトラブルを引き起こす原因となります。選ぶなら穀物不使用のグレインフリーのドッグフードにしましょう。海外産ドッグフードはそういった面でも配慮されているのでおすすめです。また、出来れば全犬種、全ライフステージ対応のドッグフードが望ましいですね。子犬の頃から老犬になるまで、長く食べ続けることが出来ます。愛犬を家族に持つ人が増えてくるからこそ、適切なごはん選びの知識もあわせて持っておきたいところです。飼い主さんのマナーとして、愛犬の体調管理やごはん管理に対しては、より一層の正しい知識を持っておくことが大切になってきます。すこしでも長く健康的に愛犬と過ごせるように、ごはん選びにはこだわってみて下さいね。

 

【関連記事】→ ドッグフードのおすすめは「穀物不使用」のもの!トイプードルの涙やけ改善にも 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。