1.副産物とは?

副産物には、肉副産物がある。原材料の表記で〇〇ミールと書かれているものである。肉自体ではなく、動物の肺や腎臓、胃、腸、肝臓、血液なども含んでいる。

1-1.副産物の種類

【チキンミール】

使う材料によってはとても良い栄養源となる。では、なぜ、犬の健康に影響を与えると言われるのかというと、何が入っているかわからない。日本国内で生産されたものは、内臓や骨、足、糞尿が入っていても鶏からとれるものであれば、チキンミールとなります。一方、アメリカ飼料検査官協会では、羽、頭、足、内臓を除いた骨付きまたは骨なしの清潔な肉と皮のレンダリングされたもの。と定義されており、すべてのチキンミールが危険だとは言えない。ただし、安価なドックフードでチキンミールの表記がある場合は、本来捨てられる部分を使用しているために安くなっていると考える方が無難である。

【ミートミール】

食肉部分以外の内蔵、胃、血液など牛からとれるもの

【家禽類ミール】

鴨、アヒル、七面鳥などの食肉部分以外の内臓、胃、血液などその動物からとれるもの

1-2.4Dとは

畜肉には4Dと言われる食品不適格品があります。

  • Dead(死んだ動物の肉)
  • Dying(死にかけていた動物の肉)
  • Disabled(身体の一部に障害がある動物の肉)
  • Diseased(病気の動物の肉)

これらは、人間の食用としては使用を禁止されています。

1-3.安全なドックフードの特徴とは?

  • 原材料リストの先頭に動物性たんぱく質が書いてある。動物性たんぱく質源は、鶏肉、牛肉、羊肉といったように特定の動物のたんぱく質が書かれていることが大切です。
  • 酵素と抗酸化物質がたくさん含まれている野菜、果物、全粒穀物などの新鮮で未加工の食品成分はリストに表示があるかもチェックすると良いです。万一、米ぬかやトマトの搾りかすなどの副産物があっても成分リストの後半に1つか2つなら大丈夫です。
  • サーモンオイル、ひまわりオイル、鶏脂肪、鴨脂肪といったように特定の脂肪源は良いが、フィッシュオイル、家禽脂肪、動物脂肪のようにはっきりしないものはやめた方がよいです。
  • あまりにも賞味期限が長いのは合成保存料が使われているのでやめた方が良いです。

以上を参考にしてみてください。

 

【参考】→ 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

1-4.まとめ

チキンミールやミートミールなどの肉副産物が使用されていても国によって規制が違う為、劣悪な肉を絶対に使っているとは言い切れない。しかし、価格が非常に安かったり、賞味期限が長かったりするものは、発がん性がある合成保存料を使用したりしているので買わない方がよいですね。ドックフードの購入時は必ず原材料の表記をチェックし、動物性たんぱく質がリストの一番最初に書かれているもの、特定の動物性たんぱく質や脂肪源の表記があるものを選ぶようにすると良いです。ドックフードの中にビタミンA・D・E・C、ナイアシンなどのビタミンやミネラル類が添加されていることは望ましいが、原材料の劣悪さを隠すために使用されることもあるので大量に添加されているものは要注意。わんちゃんが長生きするためにも日頃の食事には気を付けてあげましょう。

【関連記事】→ ステロイドは犬に副作用の危険が?発作を起こす前に。

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。