1.皮膚炎アレルギーの原因とドッグフードの選び方

1-1.皮膚炎アレルギーについて

人間でもある皮膚炎アレルギーですが、これはその名にもあるようにアレルギーから来るものです。アレルギーが身体に入っていき、かゆみを出します。酷いと炎症などが起こりますので注意が必要でしょう。これの対策は基本的にアレルギーを身体に入れないことです。ですから、それを考えて対策をするようにしてください。

1-2.犬の皮膚炎アレルギーについて

犬も皮膚炎アレルギーを出すのですが、それの原因についてまず説明していきます。基本的にアレルギーですのでアレルギーとなるものの接触で発症することがあります。また、遺伝的特性により皮膚炎アレルギーを起こすこともありますのでその点をしっかりと考えてアレルギー対策をするようにしてください。接触関係はそれを避けるようにすればよいです。特にドッグフードなどで注意して与えることで結構対策をすることがあります。また、清潔にしたり、接触を防ぐ物を使ったりすることでも対処できる場合があります。ですから、しっかりと対処して犬の皮膚炎アレルギーを避けるようにしましょう。それと投薬でもある程度解決できる場合があります。

次に、犬の反応についてです。これは人間と同様かゆみ、乾燥、炎症などを起こしますので確認するようにしてください。必要に患部をひっかく、こすりつける、舐めるなどのような行動をとっている場合は注意が必要でしょう。アレルギーの状態を理解していないならその反応をみたらすぐに対策をするようにしてください。最悪病気になることもありますので注意しましょう。

1-3.皮膚炎アレルギーに対応したドッグフードの選び方について

皮膚炎アレルギーの対策のためのドッグフードの選び方について説明をしていきます。基本的な選び方としてはアレルギーに反応しているものが入っていないことをまず確認するようにしてください。反応している物質によってはドッグフードに絶対に入らないということもありますが、ドッグフードが問題の場合は少し確認するようにしてください。ドッグフードを変更して少々が出なくなった場合は、明らかにドッグフードに問題がある場合がありますので注意です。

次に良質なタンパク質を使用しているドッグフードが良いです。あまり良くないタンパク質ですとそれが反応していることがありますので、良いタンパク質を選択するようにしてください。また、副産物や添加物にも注意しましょう。特に添加物にアレルギーの原因になるものがありますので注意です。故に、できるだけ添加物がなく副産物に良くないものを使用していないかを確認するようにしましょう。

このようなアレルギーに対して良いドッグフードがいくつかありますので使ってみると良いでしょう。(【参考記事】ナチュラルドッグフードが皮膚炎にもおすすめの理由って?)ただし1点注意がありますが、アレルギー対策として有名なドッグフードを出したからといって完全に皮膚炎アレルギーの対策になるとは限りませんので注意です。あくまでもなりにくくするだけです。

【参考記事】ナチュラルドッグフードが皮膚炎にもおすすめの理由って?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。