1、犬に消化酵素を与えるべき?

1−1、酵素とはどういうもの?

「消化酵素」というのは「酵素」の1種ですが、そもそも「酵素」とはどのようなものなのでしょうか?
「酵素」は生き物が生きていくうえで必要なものです。「酵素」はタンパク質から出来ていて「消化酵素」「代謝酵素」「食物酵素」が存在しており、これらをまとめて「酵素」と呼んでいます。顕微鏡でも見えないほどの小さな「酵素」は日々生き物の体内活動の手助けを行っているのです。

1−2、消化酵素とはどういうもの?

「消化酵素」…滞在酵素(体の中で作られる酵素)の1つ
 唾液、胃液、胆汁液、膵液などの消化液に含まれています。それぞれの消化液にも役割があります。
消化不良の原因は「消化酵素」が足りない場合ともいえるのです。
添加物の多いフードや油分の多いフードは消化酵素を大量に必要とするために不足してしまう事があります。
「消化酵素」が不足すると「酵素」を生成する膵臓が働きすぎてしまい内臓にストレスが掛かってしまいます。そして「代謝酵素」を生成することが出来なくなってしまいます。
そして犬も加齢とともに体内で作られる「消化酵素」が少なくなっていきます。

1−3、代謝酵素とはどういうもの?

「代謝酵素」…滞在酵素(体の中で作られる酵素)の1つ
「消化酵素」によって分解された栄養を「代謝酵素」がそれぞれの細胞に届ける役割を持っています。「代謝酵素」は腸内を整える働きも持っており、毒素の排出、体の新陳代謝を高める事から肥満を防いだり免疫力を高めたりする作用があります。
「代謝酵素」が足りなくなると、肥満を招き、便秘を起こしたり、疲れが抜けにくくなったりします。

1−4、食物酵素とはどういうもの?

「食物酵素」…大概酵素(体の中で作る事が出来ない酵素)
こちらは文字通り、食物にある酵素です。
「食物酵素」の役割としては食べる前の段階から食べ物の消化をはじめると言われています。目には見えないですが、「食物酵素」が食べ物の分解を始めるのです。そうする事で口にした後に「消化酵素」を最小限にして体内で分解が出来るのです。
「食物酵素」が入っていない食べ物を食べた時には「消化酵素」が大量に必要となってしまいます。そうすると今度は「代謝酵素」が足りなくなってしまいます。

1−5、犬にとっての酵素

上記で説明させていただきましたが、酵素はうまく連携して働いています。そして酵素は摂りすぎて良くないという事はありません。犬に消化酵素を与える事は健康面でも全く問題のないことです。特に年と共に生成できる酵素も少なくなってきますので老犬や、消化不良を起こしやすい子には消化酵素を率先して与えるべきでしょう。

現在はご飯にかけるだけの消化酵素も販売されていますので上手に活用し愛犬の健康維持をしてあげて下さいね。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。